荒川 雅志

荒川 雅志
名前 荒川 雅志
カナ アラカワ マサシ

プロフィール

琉球大学大学院観光科学研究科ウェルネス研究分野 教授 医学博士 1972年福島県生まれ。パワーリフティング競技で全日本学生選手権優勝(56kg級)、アジア選手権代表選出。健康運動指導士、加圧トレーニング統括指導者でヘルスケア産業に従事、27歳の時に沖縄移住。100歳長寿者のライススタイル研究、沖縄の美容と健康素材の研究で福岡大学大学院医学研究科疫学専攻修了(医学博士)。2005年国立大学初の観光系学科(琉球大学観光科学科)客員助教授に就任後、健康と観光とを結ぶヘルスツーリズム研究および専門科目「ヘルスツーリズム論」を日本の大学で初めて開始。2013年度からは日本初のスパ実践講義「スパマネジメント論」を開講。ヘルスツーリズム研究、ウェルネスツーリズム研究の第一人者、海洋療法学者。 [論文]:「スパセラピーのエビデンス」(観光科学,2010)、「なぜ海は体にいいのか?〜海洋療法と観光の融合をどう図る〜」(KAIUN,2015)、「日本再興戦略における日本型ヘルスツーリズムの再構成、メンタルヘルスツーリズムの展開」(観光研究,2015)ほか多数。

著作一覧