においと脳・行動

(アロマサイエンスシリーズ21 2)

においと脳・行動
著者 外池 光雄 編著
渋谷 達明 編著
ジャンル 書籍 > 香り
カテゴリ > 嗅覚系
シリーズ アロマサイエンスシリーズ21
出版年月日 2003/09/01
ISBN 9784894790711
判型・ページ数 B5・336ページ
定価 本体5,400円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問合せ・感想

目次

1 脳の嗅覚系の構造(脊椎動物脳の嗅覚系の構造
・昆虫脳の嗅覚系の構造 ほか)
2 嗅覚中枢の機能
・脳内嗅覚経路とにおい応答特性
・脳のにおい応答 ほか
3 微小脳とにおい
・昆虫におけるにおい情報処理
・軟体動物の脳とにおいの記憶
4 におい行動とそのメカニズム
・哺乳類におけるにおい行動
・霊長類のにおいの世界―嗅覚はどのように使われているのか ほか
5 においと脳・行動実験法
・ヒト用におい刺激装置
・におい刺激装置 ほか

内容説明

行動・メカニズム嗅球・副嗅球についてと、脳の嗅覚系の研究方法を広く紹介します。脳磁図(MEG)や機能的磁気共鳴法(f MRI)などの応答計測法、におい刺激装置、心理学的手法、脳内嗅覚系ニューロン標識法や染色法、テレメトリの適用など、最新の研究動向を広範に解説。

関連書籍