電子書籍あり

匂いと昆虫の巧みな世界

(香り選書 19)

匂いに支配されている昆虫の不思議

試し読み

匂いと昆虫の巧みな世界
試し読み
カートに入れる

昆虫の匂いを感じる仕組みを説明し、匂いによって広がる昆虫の生きる「匂いの世界」がどのようなものなのかを、考察。

著者 井濃内 順
ジャンル 書籍 > 香り
電子書籍
カテゴリ > 嗅覚系
シリーズ 香り選書
出版年月日 2013/10/18
ISBN 9784894792357
判型・ページ数 B6・164ページ
定価 本体1,400円+税

この本に関するお問合せ・感想

目次

昆虫の進化と嗅覚
匂いと行動
フン虫(Dung beetle)の生態
フン虫の匂い受容
昆虫の鼻―触角
昆虫の嗅覚中枢神経系
昆虫と人間とのかかわり

内容説明

昆虫は現在知られているだけでも約100万種以上、全動物種の約75パーセントを占めると言われます。昆虫が現在の繁栄を築き、進化の成功者になり得た理由は、外部環境を知るための嗅覚を研ぎすまし、匂いに敏感に反応し素早く行動する能力、独特の化学コミュニケーションの方法を発達させたことにあります。多くの昆虫にとって最も重要な「生存」「繁殖」「進化」は匂いなくしては果たせなかったと言えるでしょう。 本書では、ファーブル昆虫記でも有名なフンコロガシなどの昆虫を取り上げ、その匂いを感じる仕組みを説明し、匂いによって広がる昆虫の生きる「匂いの世界」を明らかにします。そして、地球環境や生物多様性を支えている昆虫の匂いによるコミュニケーション機能の農業への応用例なども取り上げています。