電子書籍あり

アロマセラピーの現場より

癒しから介護まで

試し読み

アロマセラピーの現場より
試し読み
カートに入れる

従来、セラピストの主観に頼りがちだったアロマセラピー効果の判定に対して、客観性のある新評価方法(KK スケール法)を導入

著者 川口 香世子
ジャンル 書籍 > アロマテラピー
電子書籍
カテゴリ > 医療系アロマ
出版年月日 2008/07/01
ISBN 9784894791428
判型・ページ数 A5・224ページ
定価 本体3,800円+税

この本に関するお問合せ・感想

目次

第1章
アロマセラピーとは
アロマセラピーとは/精油の保管方法/精油の抽出方法 /精油の使用上の注意/精油の使用方法/ブレンドの方法/濃度の計算について/精油各論/キャリアオイルとは/キャリアオイル各論
第2章
リフレクソロジーとは
反射区図
第3章
禁忌事項
第4章
障害がある人へのトリートメント
ボランティア活動の始まり/トリートメントの実際/
[特別症例報告]
パーキンソン氏病Yさんのケース/パーキンソン氏病Uさんのケース/脳梗塞・慢性腎不全Iさんのケース
第5章
症例報告
自律神経失調症AYさんのケース/鬱病TOさんのケース /パニック障害Nさんのケース/メニエール病RMさんのケース/高血圧ITさんのケース/坐骨神経痛Rさんのケース/坐骨神経痛MKさんのケース/坐骨神経痛・肩凝りKSさんのケース/腰痛MMさんのケース/腰痛MTさんのケース/肩凝りKMさんのケース/肩凝りKMさんのケース
第6章
障害者・高齢者施設での活動報告
障害者施設での活動報告/高齢者施設でのボランティア活動

内容説明

本書は、プロのアロマセラピスト11名によるトリートメントの現場からの報告です。クライアントの状態や要求の把握、効果の評価方法などを、長期間にわたる経過観察を実例で紹介します。 従来、セラピストの主観に頼りがちだったアロマセラピー効果の判定に対して、客観性のある新評価方法(KK スケール法)を導入した結果、第三者にも説得力のあるトリートメント効果が示されています。 多様な症例と新しい効果解析方法は、家庭からプロの現場まで、広い範囲での応用が可能です。自身のトリートメント効果を実感し、次のステップにフィードバックすることで、スキルの飛躍が期待できます。 アロマセラピーに対する社会的評価の向上をも見据えた渾身の一 書として、関連する多くの方々にお薦めします。