電子書籍あり

化粧品の乳化処方と製造上のトラブル解決

試し読み

化粧品の乳化処方と製造上のトラブル解決
試し読み
カートに入れる

乳化研究の権威者が、21世紀の環境・エネルギー問題を解決する低エネルギー乳化法と界面活性剤の有効活用について詳述!

著者 T. Joseph Lin
鷺谷 廣道
ジャンル 書籍 > 香粧品科学
電子書籍
カテゴリ > 化粧品製造学
出版年月日 2010/08/01
ISBN 9784894791855
判型・ページ数 B5・240ページ
定価 本体6,600円+税

この本に関するお問合せ・感想

目次

Part 1
化粧品用エマルション製造における実用的トラブル解決法と省エネルギー対策 1.ビジネスの変化と製造法へのチャレンジ/2.化粧品エマルションの重要性と性質/3.製品品質と安定性/4.乳化工程における科学と工学/5.製造における問題と実用的な解決法/6.問題の解決と時限爆弾の除去/7.スケールアップの問題/8.ヒューマンファクターへの理解/9.生産エラーを防ぐための戦略/10.ゆりかごからのスタート/11.チームワーク、柔軟性と持続性/12.ナチュラル/オーガニック化粧品と関連する製品開発、製造問題/13.Less Is Moreの考え/14.低エネルギー乳化(LEE)の基本原理/15.LEE 法の応用、エネルギー使用を最適化した品質の制御/16.低-界面活性剤のエマルション製造技術/17.明日のための準備
Part 2
化粧品エマルション製造における界面活性剤の有効活用 1.プロローグ/2.化粧品におけるエマルション/3.処方開発研究者の悩み/4.界面活性剤の有効活用を図る/5.相平衡図を用いた界面活性剤の油/水中での溶解特性の把握/6.物理化学的データの活用/7.乳化のプロセスを相平衡図を用いて理解する/8.D相乳化法/9.界面化学的手法による化粧品エマルション作製の紹介/10.ナチュラル系乳化剤への期待/11.乳化における所要HLB値の意義/12.エマルションの合一安定性向上/13.エピローグ

内容説明

化粧品の乳化技術は、製品開発における重要な基盤技術ですが、国際的な競争の激化により、多様化、スピード化などが余儀なくされる今日、処方開発、製造上の様々な問題に直面しています。  本書は、このような乳化化粧品の処方と製造上の課題を早期に解決し、21世紀において求められる環境問題を考慮した、機能性・安定性・安全性に優れた乳化技術開発のための実用的な情報とアイデアを提供することを目的に企画されたものです。その意味で、一般的な界面活性剤や乳化法の解説書とは一線を画した従来にないエマルション技術開発のための実用書です。 ■本書の5大特長 ●Less is Moreの考えに基づき、消費熱エネルギーを少なくし生産効率を高める持続可能な低エネルギー(LEE)法の原理と利用法を詳述。 ●近年の製品開発のスピード化、配合原料の増加、製造規模の大型化により直面するエマルションの複雑化と製造上におけるトラブルの解決法を紹介。 ●多くの相図により界面活性剤の基礎知識、HLBの意義など、エマルションの本質を解説。 ●環境性・機能性・安定性・安全性に優れた界面活性剤の有効活用とその他の原料の配合の在り方など、課題解決のための処方開発や新剤型開発のアイデアと情報を提供。 ●従来の界面活性剤や乳化技術の一般的な解説書とは一線を画す化粧品乳化処方開発と製造のための実用書。