電子書籍あり

文化を育んできた木の香り

(香り選書 15)

その機能と生活との関わり

試し読み

文化を育んできた木の香り
試し読み
カートに入れる

“木の香り”は、 私たちの暮らしと生命を守り育ててきました

著者 谷田貝 光克
ジャンル 書籍 > 香り
電子書籍
カテゴリ > 植物の香り
シリーズ 香り選書
出版年月日 2011/01/01
ISBN 9784894791916
判型・ページ数 B6・160ページ
定価 本体1,400円+税

この本に関するお問合せ・感想

目次

1. 森林は生活の源 
2. 森林にやすらぎと潤いをもたらす草木の成分
3. スギ 
4. ヒノキ 
5. サワラ 
6. マツ 
7. モミ 
8. クスノキ

内容説明

山国に生きる私たちは古くから木を使い、木の持つ特有の香りとその機能性を巧みに生活の中に取り入れてきました。民間薬、香料、消臭剤、殺虫剤などとして利用されてきた木の香りは、また、生活にやすらぎと潤いの場をもたらしてきました。木の香りは私たちとともに歩み、文化を育んできたのです。 古くから慣れ親しんできた木の香りですが、科学技術の進歩によって一昔前には知られていなかった新たな機能性が次々と見いだされ、新たな用途開発への糸口となっている例や、経験的に利用されてきた木の香りの機能性が科学的に証明され、より効率のよい利用法が見いだされた例などが少なくありません。 本書ではわが国の代表的な木を取り上げ、その香りの生活の中での関わりとともに、新たな利用可能性などについてもご紹介します。本書をお読みいただくことで木の香りをより身近に感じることになることでしょう。