電子書籍あり

マルベリーの恵み

ハーブとしての桑の歴史と有効性の評価

試し読み

マルベリーの恵み
試し読み
カートに入れる

桑の実、桑葉、桑白皮、桑枝の保健効果をまとめた世界最初の専門書。生薬としての桑の歴史や桑の有効性評価を幅広く収載

著者 井上 重治
ジャンル 書籍 > 自然療法・代替療法
電子書籍
カテゴリ > ハーブ
出版年月日 2011/10/01
ISBN 9784894792074
判型・ページ数 A5・120ページ
定価 本体1,500円+税

この本に関するお問合せ・感想

目次

はじめに
 1.マルベリーツリー(桑の木)について
 2.秩父地方における養蚕業の歴史
 3.ハーブとしてのマルベリーの歴史

第1部 マルベリー(桑の実)
 1.マルベリーツリーとその生産
 2.マルベリーにはどんな成分が含まれているか
 3.マルベリー含有成分の薬理作用
 4.マルベリーの効果と加工
 5.マルベリー(桑の実)にまつわる文芸

第2部 マルベリーリーフ(桑葉)
 1.マルベリーリーフの主要成分とその化学構造
 2.マルベリーリーフと主要成分の薬理作用
 3.マルベリーリーフの効果と加工

第3部 マルベリーバーク(桑白皮)の成分と作用
 1.マルベリーバークの主要成分とその化学構造
 2.マルベリーバークとその主要成分の薬理作用
 3.マルベリーバークの効果と加工

内容説明

マルベリー(桑)は一般的には蚕の飼料として知られていますが、実は古くて新しいハーブなのです。古代ローマや後漢時代(1~2世紀)から生薬として利用され、日本では13世紀に榮西上人によってマルベリーの効能が紹介されました。しかし、機能性食品としてのマルベリーが脚光を浴びたのは、1996年の神奈川県科学技術政策推進委員会の共同研究で、糖尿病、高血圧、肥満、がんなどの生活習慣病の予防に有用な知見が発表されたのが発端です。その後、21世紀に入って健康補助食品としてのマルベリーの有用性に関する膨大な科学論文が発表され、その価値が急速に高まりました。マルベリーは桑の実、桑葉のみならず、桑根や桑枝にも薬効成分があり、本書は各部位の成分とその薬理活性、活性のメカニズム、さらには各種製品開発と生薬としての歴史にも言及した世界最初のマルベリーの専門書です。本書を通してハーブとしてのマルベリーの価値が再認識され、健康補助食品としての普及に役立つものと期待されています。

関連書籍