クリニカル・アロマテラピー

よりよい看護をめざして

クリニカル・アロマテラピー

医療現場での看護のQOLを高めるアロマテラピーの全容

著者 ジェーン・バックル
今西 二郎
岸田 聡子
ジャンル 書籍 > アロマテラピー
カテゴリ > 医療系アロマ
出版年月日 2000/09/01
ISBN 9784894790322
判型・ページ数 A5・334ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問合せ・感想

目次

第1部 オーバービュー
第1章 序論
第2章 看護に関わるアロマテラピー
第3章 アロマテラピーの特性
第4章 エッセンシャルオイル
第5章 禁忌
 起こり得る皮膚反応/慢性毒性/正統医学で用いられる薬品との間で起こる反応/エッセンシャルオイルとホメオパシー/医薬としてのエッセンシャルオイル 他
第6章 規制と健康、安全対策
第2部 アロマテラピーの臨床的使用法
第7章 一般的な病院でのケア
 感染/痛み/悪心と嘔吐/炎症/不眠/ストレス管理
第8章 専門科での臨床的使用
 心臓病学/老人のケア/重傷治療/皮膚科/内分泌科/婦人科/免疫学/腫瘍科/小児科/緩和およびターミナルケア(終末医療)/呼吸器ケア
第3部 未来
第9章 研修
 看護でアロマテラピーをどのように使用するか/イギリスにおけるアロマテラピー機関の組織構成/ハーブ医学とイギリスの法律 他
まとめ

内容説明

看護領域のあらゆる面における、アロマテラピーの基礎と実際の活用法について記されています。また、看護領域だけにとどまらず医療全般にわたっているという点で、医療に携わる医師、歯科医師、薬剤師、助産師、鍼灸師、あんま・指圧・マッサージ師といったすべての医療従事者に大いに役立つことでしょう。

第3版が完成しました。