抗酸化物質 健康革命

あなたが知りたい抗酸化物質のすべて

抗酸化物質 健康革命

抗酸化物質が体内でどのような働きをするか、食べ物にどのくらい含まれていて何をどれだけ食べれば十分に摂取できるかについて解説

著者 キャロリン・リスター
大久保 貴代美
二木 鋭雄
ジャンル 書籍 > 自然療法・代替療法
カテゴリ > 食事・レシピ
出版年月日 2006/01/01
ISBN 9784894790988
判型・ページ数 A5・104ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 絶版

この本に関するお問合せ・感想

目次

第1章 序論
化学の話を少々
第2章 酸化剤と抗酸化物質
活性酸素種、フリーラジカルとはなに?/ひとめで分かる抗酸化食品/抗酸化物質がいい仕事をするってなぜわかる? ほか
第3章 酸化剤、フリーラジカル、病気
フリーラジカルはどのようにして心臓血管病を引き起こすのか?/癌/糖尿病/腎臓病と腎不全/神経病/眼病/リューマチ性関節炎 ほか
第4章 抗酸化物質のタイプと働き
ビタミンC/カロテノイド類/フラボノイド類とその他のフェノール類/体内で作られる抗酸化物質 ほか
第5章 抗酸化物質の供給源となる重要な食品
野菜/果物/パンとシリアル/飲み物/ハーブとスパイス/工酸化物質を調理で増やす方法/ファーストフードと抗酸化物質 ほか
第6章 1日の必要量と人工的なサプリメント
お勧めの摂取量/より多く必要とする人/サプリする?しない?/サプリの何に注目するか ほか
第7章 将来の健康のための必須事項
一般的な抗酸化物質と供給源/いい食品を選ぶ ほか
第8章 健康のための簡単な18ステップ
食事で抗酸化物質の摂取を増やす12の方法/酸化剤を減らす6つの方法

内容説明

人間が生きていく上で避けられない生命活動の1つである酸化は一方で老化、ガンなど、あらゆる病気の引き金となります。これに対抗するのが、もともと身体に備わる抗酸化システムや外部から取り入れる「抗酸化物質」です。 本書は、ビタミンやカロテノイド、フラボノイドなどの「抗酸化物質」が体内でどのような働きをするか、野菜、果物、飲み物にどのくらい含まれていて、何をどれだけ食べれば抗酸化物質が十分に摂れているといえるのか?といった疑問に応えてくれます。