精油☆(エッセンシャルオイル)☆の化学

精油☆(エッセンシャルオイル)☆の化学
カートに入れる

有機化学の基礎から精油の匂い特性、品質管理、芳香物質の応用、香水等、科学的、薬学的な観点から詳述する最新の精油科学の解説書

著者 デイビッド・G.ウィリアムズ
川口 健夫
ジャンル 書籍 > アロマテラピー
カテゴリ > エッセンシャルオイル
出版年月日 2000/04/01
ISBN 9784894790261
判型・ページ数 B5・256ページ
定価 本体5,800円+税

この本に関するお問合せ・感想

目次

第1章 化学の基礎
第2章 炭化水素
第3章 酸素、窒素、イオウを含む官能基
第4章 エッセンシャルオイルとキャリアオイル
第5章 エッセンシャルオイルの匂い特性
第6章 エッセンシャルオイルの品質管理
第7章 分離・合成された芳香物質
第8章 香水-匂いの芸術
第9章 個人の芳香
第10章 燈火の下に

内容説明

本書は、英国の香料界でコンサルタントとして活躍している著者が、香料業界、香粧品業者、アロマテラピー、アロマトロジー、エステティシャン、そして学生向けに書き下ろした最新の精油化学の解説書です。天然香料としての精油を理解するために、有機化学の基礎をはじめ、精油の匂い特性、品質管理、芳香物質の応用、香水などについて、科学的、薬学的な観点から詳述しています。