南仏の香り クラーヌ

南仏の香り クラーヌ
カートに入れる

クラーヌとはビターオレンジの皮をくるくるとむいたもの。3つの町を舞台にした南仏の香りを美しい水彩画とともに、五感で満喫する

著者 ロズリーヌ・フェランド
中島 基貴
石井 明人
ジャンル 書籍 > 香り
カテゴリ > 植物の香り
出版年月日 2001/06/01
ISBN 9784894790445
判型・ページ数 B5・120ページ
定価 本体2,600円+税

この本に関するお問合せ・感想

目次

五感で読む本
上空飛行
マムの方では
陶土の道上で。幼年時代の話と荷車と馬
花の時代
マミーヌの人生周辺:歌と花摘み:オレンジと香り
月のない夜
寒気と戦争とビターオレンジ
美味しい人生
簡単な料理とそのコツ。海の青と庭の草
エピローグ
クラーヌの登場人物たちは、その後どうしているのでしょうか?

内容説明

クラーヌとは、ビターオレンジの皮をくるくるとむいたもの。この物語は「クラーヌ」のように思い出が次々とつながって語られていることから名付けられました。明るい陽光あふれる南仏で、自然とともに純粋に生きた2人の祖母を中心とした思い出話が、キラキラと蘇る香りの紀行文になっています。3つの町を舞台にした南仏の香りを、この土地特有の風景や植物を描いた美しい水彩画とともに、五感で満喫できます。

関連書籍