ガットフォセのアロマテラピー

ガットフォセのアロマテラピー
カートに入れる

1937 年のガットフォセ著作『アロマテラピー』(仏語版)の、ロバート・ティスランド編著による英語版の翻訳書

著者 ルネ=モーリス・ガットフォセ
ロバート・ティスランド 編著
前田 久仁子
ジャンル 書籍 > アロマテラピー
カテゴリ > エッセンシャルオイル
出版年月日 2006/07/01
ISBN 9784894791060
判型・ページ数 A5・188ページ
定価 本体2,500円+税

この本に関するお問合せ・感想

目次

第1章 人、動物、植物の匂い
人の匂い/動物の匂い/植物は香る
第2章 精油の分類
テルペンレス・エッセンスの分類/芳香成分の分類/いくつかの芳香物質の特徴
第3章 古代の薬局方にあるエッセンス
異国の薬局方にあるエッセンス/現代薬局方にあるエッセンス
第4章 精油に関するより最近の研究
成分の一般的な特性について/ユーカリ・エッセンス成分の考察/芳香族アルコール・エーテル・アルデヒド・ケトン・フェノールの特性/商業的エッセンスを治療に用いる失敗の理由/ビタミンとエッセンス
第5章 アロマテラピー
呼吸器系へのエッセンスの作用/芳香性誘導法/脂質の不利な点について/昏睡状態の事故と精油を用いる誘導法/注水神経へのエッセンスの作用/消化器系へのエッセンスの作用/皮膚へのエッセンス作用/性病学/産科と婦人科/獣医学/その他のエッセンスの適用/防腐保存/静脈瘤性潰瘍/弛緩性創傷
第6章 精油の抗毒性試験
実験/薬理的な成果/実践的な成果/細胞保護作用のエッセンス/芳香性湿布/バルネオロジー/歯科手術と精油/精油の毒性
付 録
ガットフォセの経歴および著作、編著者 R.ティスランドによるノート、索引 他

内容説明

アロマテラピーの創始者であり、先覚者でもあるルネ=モーリス・ガットフォセによる代表作。自らのやけどを治したラベンダーの優れた治癒力に魅了され、1937年に『アロマテラピー』(フランス語版)を著します。本書はこの療法を日本に紹介した英国の著名なアロマセラピスト、ロバート・ティスランド編著による英語版の訳書です。 土地の民を守る数々の芳香植物に注目したガットフォセ。経験医学には誤りがないとする創造性あふれる視点が、科学的研究に裏打ちされます。匂いの考察による神経系への作用も興味深いです。