聖ヒルデガルトの治療学

中世ドイツの薬草学の祖が説く心と魂の療法

聖ヒルデガルトの治療学
カートに入れる

現代に蘇る聖ヒルデガルト治療学の全貌

著者 ヴィガート・シュトレーロフ
ゴトフリート・ヘルツカ
飯嶋 慶子
ジャンル 書籍 > 自然療法・代替療法
カテゴリ > 修道院医学
出版年月日 2013/05/08
ISBN 9784894792302
判型・ページ数 A5・197ページ
定価 本体2,800円+税

この本に関するお問合せ・感想

目次

◎ヒルデガルト治療学-未来の療法  
目・耳・歯・風邪とインフルエンザ・皮膚・心臓・消化機能・食事・肝臓・胆嚢・神経・夢・リウマチ・がん・断食・聖ヒルデガルトとヒルデガルト治療学

内容説明

800年以上もの間、ヒルデガルト治療学は社会から完全に忘れ去られ、本書の著者の一人であるヘルツカ医師の尽力がなかったならば、現代によみがえることはなかったでしょう。ヘルツカ医師ともう一人の著者であるシュトレーロフ博士は、30年にも及びヒルデガルト治療学による治療を実践し、大きな成果をあげた治療法やレメディについて、器官や疾患ごとに具体的な治療事例や、中世の錬金術的治療法の頂点と考えられているヒルデガルトが書き残した医学に関する著作物からの広範囲な引用文を交えて解説しています。全編を通じて見かけるそれらの引用文からは、キリスト教をバックボーンとするヒルデガルト治療学の基本概念とも言える魂、心、体と病気の関係、病気の徴候にいち早く気づきその芽を摘み取ることの大切さや、健康を維持する上での食事の重要性など、病気予防を重要視するヒルデガルトの癒しに関する深い知恵を感じ取ることができるでしょう。