FRAGRANCE JOURNAL

FRAGRANCE JOURNAL 2011/8月号

No.374(Vol.39/No.8)

【特集】皮膚の炎症メカニズムと抗炎症の最新研究

電子版あり
FRAGRANCE JOURNAL 2011/8月号
試し読み

※試し読みはダブルクリックで拡大できます。

【特集】皮膚の炎症メカニズムと抗炎症の最新研究

ジャンル 雑誌 > フレグランスジャーナル
出版年月日 2011/08/15
判型・ページ数 B5
定価 本体2,667円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問合せ・感想

目次

【特集】皮膚の炎症メカニズムと抗炎症の最新研究

■イメージング技術を用いた新たな皮膚免疫の展開
…京都大学大学院 医学研究科皮膚科学 江川形平・椛島健治
■皮膚における慢性的炎症のメカニズム―S100蛋白質の役割
…資生堂 新成長領域研究開発センター 日比野利彦
■皮膚の炎症におけるストレス応答キナーゼASK1の役割
…東京大学大学院 薬学系研究科細胞情報学教室 水上潤哉・武田弘資・一條秀憲
■脂質を標的にした新しい皮膚遅延型アレルギー応答
…京都大学 ウイルス研究所細胞制御研究分野 山本侑枝・杉田昌彦
■新規ユビキチン修飾系の機能不全と慢性皮膚炎
…大阪大学大学院 医学系研究科 田宮大也・岩井一宏
■炎症性サイトカインIL-1αはリンパ管形成を抑制する
…日本メナード化粧品 総合研究所 田中 浩
■Calpain 活性抑制作用を有する植物抽出物の抗炎症作用
…コスモステクニカルセンター CS開発部 藤代美有紀

〔時評〕
○「独創」を創る

〔International Review〕
○幹細胞化粧品の発展
…コンサルタント T. Joseph Lin

〔スポットレビュー〕
○市場に開かれた技術
…CMO代表 能崎章輔

〔海外法規制ニュース〕
○米国OTCサンスクリーン最終規制の概要

〔行政ニュース〕
○「乾燥による小ジワを目立たなくする」が化粧品の効能に追加

〔工業会ニュース〕
○東化工,第61回 通常総会開催

〔研究報告〕
○血管およびリンパ管を有するヒト皮膚モデルの構築
…大阪大学大学院 工学研究科応用化学専攻 松崎典弥・明石 満,科学技術振興機構さきがけ 松崎典弥,愛媛大学大学院 医学系研究科感覚皮膚医学 白方祐司・平川聡史・橋本公二
○N-アセチルグルコサミン(天然由来)の特徴と皮膚への効果
…日本水産 ファインケミカル事業部化成品課 山之内 智
○ビワ種子エキスの内外美容効果
…明星産商 マーケティング企画部 苫谷文子・高尾嘉文

〔学会報告〕
○第36回 日本香粧品学会(2)

〔学会プログラム〕
○第58回 界面科学部会秋季セミナー:化粧品,医薬品,食品製剤の最前線

〔大学紹介〕
○「開かれた研究室」としてともに素材開発をめざす:東京工科大学 応用生物学部先端化粧品コース光老化研究室 正木 仁教授に聞く

〔トピックス〕
○東京工科大学 応用生物学部セミナー「化粧品科学の最先端」開催
○第24回 インターフェックスジャパン/第2回 コスメティクスジャパン,最大規模で開催

〔企業紹介〕
○商品特徴を的確に捉えた独自の化粧品評価法を提案(エフシージー総合研究所)


〔業界ニュース〕
○サロンユーザー調査2010(全国理美容製造者協会)

〔Through the Web TOPICS No.32〕

関連記事

ご注文

バックナンバー

もっと見る