FRAGRANCE JOURNAL

FRAGRANCE JOURNAL 2009/12月号

No.354(Vol.37/No.12)

【特集】化粧品の使用感と物性研究

電子版あり
FRAGRANCE JOURNAL 2009/12月号
試し読み

※試し読みはダブルクリックで拡大できます。

【特集】化粧品の使用感と物性研究

ジャンル 雑誌 > フレグランスジャーナル
出版年月日 2009/12/15
判型・ページ数 B5
定価 本体2,667円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問合せ・感想

目次

【特集】化粧品の使用感と物性研究

■マッサージクリームのレオロジー特性の研究
…日本メナード化粧品 総合研究所 坂 貞徳・山口 剛・山田隆幸
■化粧品の使用感,機能をコントロールするエマルション膜設計
…ポーラ化成工業 スキンケア開発部 酒井裕二
■口紅の感触とレオロジー研究
…花王 解析科学研究所 名畑嘉之
■使用感とレオロジー物性─精神物理学的法則を用いた関係解明へのアプローチ
…ノエビア 神戸研究所 小池 徹
■パウダーファンデーションの情緒的な肌触りを客観的に評価するシステム
─ニューラルネットワークを利用したアプローチ
…花王 メイクアップビューティ研究所 土屋竜太,横浜国立大学大学院 環境情報研究院 中野 健
■粉体化粧品の使用感の機器評価と製品開発への応用
…日本ロレアル メイクアップ応用研究室 鈴木高広
■フェイス用マッサージクリームの官能評価と客観的評価法の関係
…ノエビア 神戸研究所 中島紀子
■界面制御機能を有する多機能性ハイブリッドポリマーの特性と使用感
…成和化成 研究部 小林恵理子・林奈津子・大谷直子

〔時評〕
○主役・脇役の逆転と色彩心理

〔International Review〕
○米国商工会とGreen Apple
…コンサルタント T. Joseph Lin

〔スポットレビュー〕
○ダーウィンに学ぶ Ⅱ
…CMO代表 能崎章輔

〔R&Dレビュー〕
○敏感皮膚化粧品と香料の研究開発動向(2008年)
…香粧品研究家 安部 隆

〔香粧品技術情報〕
○資生堂,樹皮から抽出した成分で低下した皮膚毛細血管の機能に回復効果
○花王とカネボウ化粧品,新技術“ADVAN”を開発─高UV-Aバリア効果と高い透明性を実現
○日本メナード化粧品,“香り”で肌の幹細胞を元気に

〔翻訳〕
○画像解析による角層細胞脂質のin vivo定量化
…Silab David Boudier,Nathalie Guichard,Josselin Breugnot,Maud Le Guillou,Brigitte Gloss

〔学会報告〕
○第53回 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会

〔企業トピックス〕
○高砂香料フレグランスシンポジウム「匂いに潜む力」をテーマに開催
○日本ルーブリゾール Carbopol 50周年記念セミナー開催

〔企業紹介〕
○皮膚評価によるエビデンスのある商品開発を実施(コスモビューティー)

〔トピックス〕
○コスメトロジー研究振興財団,第20回 表彰・贈呈式開催

〔Through the web TOPICS No.12〕

関連記事

ご注文

バックナンバー

もっと見る