FRAGRANCE JOURNAL

FRAGRANCE JOURNAL 2009/6月号

No.348(Vol.37/No.6)

【特集】最近の毛髪研究と毛髪化粧品の開発動向を探る

電子版あり
FRAGRANCE JOURNAL 2009/6月号
試し読み

※試し読みはダブルクリックで拡大できます。

この号はPDFをダウンロードできます。

【特集】最近の毛髪研究と毛髪化粧品の開発動向を探る

ジャンル 雑誌 > フレグランスジャーナル
出版年月日 2009/06/15
判型・ページ数 B5
定価 本体2,667円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問合せ・感想

目次

【特集】最近の毛髪研究と毛髪化粧品の開発動向を探る

■最近のヘアダメージ研究の動向
…資生堂 メーキャップ・ヘア研究開発センター 藤山泰三
■最近のヘアスタイリング剤の開発動向と課題
…花王 ビューティケア研究センター 川相哲也
■ヘアカラー技術の新しい動向─泡状ヘアカラー技術の開発
…花王 ビューティケア研究センターメイクアップビューティ研究所 金子和弘
■ヘアカラーの皮膚刺激とpH について
…マンダム 中央研究所 原 真也・ 藤田郁尚・管野 学
■ヘアカラーの低臭化とアンモニア臭の評価方法
…日本ロレアル 研究開発センターヘアケア開発研究所 三栖大介
■原子間力顕微鏡による毛髪内部組織への化学処理の影響について
…ホーユー 総合研究所基盤技術研究室 北野宏樹
■日本古来の知恵に学ぶダメージヘア改善成分開発
…クラシエホームプロダクツ ビューティケア研究所 稲益悟志
〔毛髪化粧品関連原料紹介〕
■多機能性ハイブリッドポリマー「PROTESIL(R)LH/GLH」(成和化成)
■耐湿性に優れたヘアスタイリング用素材「FixateTM Superhold Polymer」(日光ケミカルズ)
■吸着型新規ヒアルロン酸「ヒアロベール」(キユーピー )
■水溶性油剤「ハイアクオスター DCS」の毛髪への有用性(高級アルコール工業)
■メドウフォーム油誘導体の特性(一丸ファルコス)
■アミノ酸由来の高機能ヘアケア素材(味の素)

〔時評〕
○生物「資源」とする捉え方からの脱却

〔International Review〕
○eCAM 誌と代替医学のグローバル化
…コンサルタント T. Joseph Lin

〔スポットレビュー〕
○進化と民の都合
…CMO代表 能崎章輔

〔News Topics 〕
○ワシントン条約に基づく国際取引規制に関する説明会,開催される
○「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律の一部を改正する法律」,5月20日に公布
○日皮協,特別講演会を開催
○第22回 インターフェックスジャパン・第3回 医薬品原料国際展:1,400社が出展し,アジア最大規模で7月に開催

〔研究報告〕
○単極型電気穿孔経皮導入法における電気穿孔と電気反発の相乗効果
…明星大学 理工学部化学科 上田豊甫・岩崎舞香・ 渡邉幸夫,京都市鈴木形成外科 鈴木晴恵

〔翻訳〕
○外用による本来の老化(内因性老化)皮膚および光老化皮膚の改善に用いられる代表的ペプチド誘導体
…カリフォルニア大学 サンフランシスコ校皮膚科 Farzam Gorouhi, Howard I. Maibach

〔企業トピックス〕
○第8回 NDRセミナー 基礎から学ぶクレンジング(メイク落とし)製剤

〔企業紹介〕
○再現性・精度高いヒト試験を提供(機能食品研究所)

〔香粧品技術情報〕
○コーセー,紫外線による細胞老化が加齢とともに促進されることを見出す
○ポーラ,精油に肌の修復能力を確認

〔R&D レビュー〕
○スキンケア化粧品の研究開発動向(2008年)
…香粧品研究家 安部 隆

〔Through the web TOPICS No.6〕

関連記事

ご注文

バックナンバー

もっと見る