FRAGRANCE JOURNAL

FRAGRANCE JOURNAL 2006/2月号

No.306(Vol.34/No.2)

【特集】21世紀のメイクアップの有用性を考える

電子版あり
FRAGRANCE JOURNAL 2006/2月号
試し読み

※試し読みはダブルクリックで拡大できます。

【特集】21世紀のメイクアップの有用性を考える

ジャンル 雑誌 > フレグランスジャーナル
出版年月日 2006/02/15
判型・ページ数 B5
定価 本体2,667円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問合せ・感想

目次

【特集】21世紀のメイクアップの有用性を考える

■メイクの社会的意味を問う
  …大阪樟蔭女子大学 村澤博人
■化粧に関する臨床研究の展望-化粧療法の未来を考える
  …目白大学大学院 心理学研究科 野澤桂子
■メイクセラピーの現状と課題
  …美・ファイン研究所 小林照子
■セラピーメイクの課題
  …アピアランスリハビリセンター 伊藤節子
■リハビリメイクの現状と課題
  …かづきれいこ 吉澤恵美・渡辺聡子・西奈まるか・藤村英理子・長田文子・かづきれいこ
■メディカルメイクの現状と課題
  …メディカルメイクアップアソシエーション 小井塚千加子・高木恵三子・伊藤節子
■当事者主体のカムフラージュメイク・サービスのために―顔にアザのある女性の経験に注目して
  …お茶の水女子大学大学院 人間文化研究科 西倉実季
■顔面審美エピテーゼ&四肢プロテーゼ
  …アヘッドラボラトリーズ 常國剛史
■〔インタビュー〕セラピーメイクの現場から
  …資生堂 ビューティクリエイション研究所 チーフビューティーセラピスト 大城喜美子さんに聞く
■〔インタビュー〕エンゼルメイクを考える
  …エンゼルメイク研究会 代表 小林光恵さんに聞く
■光学特性を応用した最近のファンデーション技術
  …資生堂 製品開発センター メーキャップ製品研究所 高橋秀企・高田定樹
■メイクアップ技術による化粧効果
  …ポーラ化成工業 メークアップ開発チーム 毛利邦彦

〔時評〕
○広がるメイクアップの可能性

〔International Review〕
○頭脳のアウトソーシング(2)
  …コンサルタント T.Joseph Lin

〔スポットレビュー〕
○美と醜
  …CMO代表 能崎章輔

〔研究報告〕
○マグノリグナンのチロシナーゼ成熟阻害作用とその美白効果
  …カネボウ化粧品 基盤技術研究所 横田朋宏・佐々木 稔

〔現代化粧文化考20〕
○「見ための力」という授業
  …大阪樟蔭女子大学 教授 村澤博人

〔香粧品技術情報〕
○資生堂、ヘアダメージ進行の原因となる毛髪内部構造を解明-尿素誘導体にダメージ補修効果を発見
○ポーラ、チューブ状酸化チタンを開発

ご注文

バックナンバー

もっと見る