FRAGRANCE JOURNAL

FRAGRANCE JOURNAL 2005/3月号

No.294(Vol.33/No.3)

【特集】多糖類の機能と化粧品への応用

電子版あり
FRAGRANCE JOURNAL 2005/3月号
試し読み

※試し読みはダブルクリックで拡大できます。

この号はPDFをダウンロードできます。

【特集】多糖類の機能と化粧品への応用

ジャンル 雑誌 > フレグランスジャーナル
出版年月日 2005/03/15
判型・ページ数 B5
定価 本体2,667円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問合せ・感想

目次

【特集】多糖類の機能と化粧品への応用

■天然系多糖類およびその誘導体の化粧品への応用
  …三晶 営業第二本部工業資材部 廣畑雅也
■バイオテクノロジーを用いて製造した多糖体の機能と応用
  …日光ケミカルズ 企画部 瀧澤美佳、Solabia Group Jean Francs Molina
■天然多糖類の有効性―海洋由来多糖を中心に
  …一丸ファルコス 製品開発部 河合徳久
■シロキクラゲ多糖体
  …日本精化 研究本部 大橋幸浩・山本やす子
■多糖系超分子構造を応用した次世代の流体系ナノベクター
  …Coletica S. A. Eric Perrier、日本コレティカ ロラン・マルタン
■デキストランの化粧品分野への応用
  …名糖産業 名古屋研究所 加藤一郎
■植物由来多糖類の化粧品に対する有用性
  …香栄興業 研究開発部 本多秀子、同社 技術部 松田 恒

〔時評〕
○「香粧品原料便覧」にみる原料動向

〔スポットレビュー〕
○ある化粧品開発者の独り言(6)―いろいろな見方・考え方
  …元コーセー 常務取締役研究本部長 宿崎幸一

〔Spot News〕
○第109回FJセミナー「最近のヘアケア技術の開発動向」開催

〔Fragrance Interview〕
○世界に通用する原料を提供する開発・提案型企業を目指す
  …ニッコールグループ,コスモステクニカルセンター 代表取締役社長 蔵多淑子氏に聞く

〔翻訳〕
○スキンエイジングにおけるオリゴサッカロイドの影響―レチノイド代替として
  …Maud Jouandeaud,Sylvie Bordes,Catherine Soulie,Brigitte Closs

〔News Topics〕
○ifia JAPAN 2005(第10回国際食品素材/添加物展・会議)、HFE JAPAN 2005(ヘルスフードエキスポ 2005)10回目を迎え過去最大規模で開催

〔トピックス〕
○世界初,画期的な方法であなたのストレスレベルをわずか20秒間で測定!「Stressometer」

ご注文

バックナンバー

もっと見る