FRAGRANCE JOURNAL

FRAGRANCE JOURNAL 2004/1月号

No.279(Vol.32/No.1)

【特集】産学官共同研究と化粧品の研究開発の展望

電子版あり
FRAGRANCE JOURNAL 2004/1月号
試し読み

※試し読みはダブルクリックで拡大できます。

【特集】産学官共同研究と化粧品の研究開発の展望

ジャンル 雑誌 > フレグランスジャーナル
出版年月日 2004/01/15
判型・ページ数 B5
定価 本体2,667円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問合せ・感想

目次

【特集】産学官共同研究と化粧品の研究開発の展望

■産学共同研究と今後の研究開発の方向性
  …静岡産業大学 国際情報学部 田口敏行

■これからの企業の研究開発-中央研究所の時代を超えて
  …大阪大学フロンティア研究機構 西村吉雄

■TLOの現状と課題
  …産総研イノベーションズ 石丸公生

■産業技術総合研究所におけるベンチャー支援の取り組み  
  …産業技術総合研究所 ベンチャー開発戦略研究センター 平井寿敏

■資生堂における産学協同の試み―産学の連携にはどんな形があるか  
  …資生堂 基盤研究本部R&D戦略部課長 石舘周三

■タンパク質生産工場の開発―微生物ゲノム情報の有効利用   
  …花王 生物科学研究所主任研究員 尾崎克也

■香粧品科学領域での産学官共同研究―スキンケアコンセプトと素材提案に向けて  
  …カネボウ 基礎科学研究所副所長兼漢方研究所副所長 井上紳太郎

■カーボンマイクロコイルの実用化と産学官連携
  …日本メナード化粧品 総合研究所副主幹研究員 小川雅久

■ヒューマンストレスに関する産学官共同研究  
  …産業技術総合研究所 ヒューマンストレスシグナル研究センター 二木鋭雄

■タンパク質新素材の応用研究
  …大阪市立大学 大学院工学研究科化学生物系専攻 山内 清・田辺利住

■東京理科大学におけるベンチャー企業創出の現状と将来
  …東京理科大学 理工学部 阿部正彦

■技術・製品開発によるタンパク質研究への貢献 
  …プロテインウエーブ 三城 明

■大学発バイオベンチャー企業による植物成分の機能性検証と食品開発  
  …北海道東海大学 工学部生物工学科 西村弘行、
   北海道バイオインダストリー 斎藤昭彦

■遺伝子研究によるバイオビジネスの展開
  …アドジーン 取締役COO 浦勇和也

■これからのバイオベンチャー企業経営の方向性
  …エフェクター細胞研究所 営業企画部長 黒川ゆかり

■経口製剤用DDS技術の開発
  …バイオセレンタック 会長・京都薬科大学 薬物動態学教室教授 高田寛治

ご注文

バックナンバー

もっと見る