FRAGRANCE JOURNAL

FRAGRANCE JOURNAL 2003/12月号

No.278(Vol.31/No.12)

【特集】最近の健康・美容食品の開発動向 香粧品の新原料・新技術(2)

電子版あり
FRAGRANCE JOURNAL 2003/12月号
試し読み

※試し読みはダブルクリックで拡大できます。

この号はPDFをダウンロードできます。

【特集】最近の健康・美容食品の開発動向 香粧品の新原料・新技術(2)

ジャンル 雑誌 > フレグランスジャーナル
出版年月日 2003/12/15
判型・ページ数 B5
定価 本体2,667円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問合せ・感想

目次

【特集】最近の健康・美容食品の開発動向

■保健機能食品制度と特定保健用食品…実践女子大学 生活科学部 西島基弘
■健康食品・サプリメントの有効性・安全性情報…フレスコジャパン 代表 清水俊雄
■サプリメント有効性の評価法の確立…都府立医科大学 大学院 医学研究科 消化器病態制御学 内藤裕二,同生体機能制御学 吉川敏一
■我が国の健康・美容食品の開発動向…ファンケル中央研究所 辻 智子
■高濃度茶カテキン飲料の開発体脂肪の低減をめざして…花王 ヘルスケア第1研究所 長谷 正,花王 生物科学研究所 時光一郎
■東洋医学的視点からみた健康食品の開発…ポーラ化成工業 健康科学研究所 福田寿之
■肌改善対策ビタミン剤の開発動向…BASF武田ビタミンテクニカルソリューションズ 田中忠昭
■21世紀のサプリメント「コエンザイムQ10」…日清ファルマ 開発部 吉村育生
■プロバイオティクスによる免疫調節と予防医学…ヤクルト本社 中央研究所 鈴木智美
■美容食品としてのブドウ種子ポリフェノール(プロアントシアニジン)の抗酸化作用としみ改善効果…キッコーマン 研究本部 山越 純・徳武昌一
■抗ストレスを目的とする健康食品の開発動向…日本メナード化粧品 総合研究所 岩田 豊
■各社/健康・美容食品紹介

【特集】香粧品の新原料・新技術(2)

■海藻抽出物による表皮ギャップジャンクションを通じた細胞間コミュニケーションの改善と化粧品への応用…GSIクレオス 高機能機材部 大阪営業課 石村広明
■新規ポリグリセリン脂肪酸エステルの特性と応用…太陽化学 FI事業部 研究開発 岩永哲朗・内田一仁
■高機能性ハイブリッドポリマーの特性とその応用…成和化成 研究所 池田紀和・後藤信行・吉岡正人
■酸化鉄・酸 化チタン内包シリカカプセル粉体の開発とメイクアップ化粧料への応用…コーセー開発研究所 相良圭祐
■黒米エキスの開発…日本メナード化粧品 総合研究所 北原路郎・清滝 学
■タルクの化粧品への新しい展開…日本光研工業 営業部 黒岩昭郎,同社開発センター 大澤康紀
〔時評〕
○求められる健康食品の有効性の評価基準と法的整備
〔International Review〕
○貿易摩擦とぼやける国境…コンサルタント T. Joseph Lin
〔スポットレビュー〕
○過去から読み取る…井田ラボラトリーズ 能崎章輔
〔Spot News〕
○第101回FJセミナー「ニキビの予防とスキンケア対策」開催
〔国際会議報告〕
○第7回化粧品規制に関する国際会議…ポーラ化粧品本舗 渉外担当 小松 宏
〔News Topics〕
○日化技東京支部学術講演会,商品開発をテーマに開催
○高砂香料フレグランス・シンポジウム「香りと感覚」開催
〔Fragrance Interview〕
○有用性研究と感性工学的研究の両輪による化粧品開発を目指す―カネボウ化粧品研究所 松尾透所長に聞く
〔トピックス〕
○コスメトロジー研究振興財団第14回表彰・贈呈式開催
〔香粧品技術情報〕
○メナード,アンブレッド・シードの香りに女性ホルモン分泌促進作用を確認
〔海外リポート〕
○韓國の化粧品市場と受託製造業の現況…COSMAX 崔 權昊・尹 光燦
〔現代化粧文化考〕
○⑦「美術解剖学国際シンポジウムに参加して」…顔・化粧文化研究所 代表 村澤 博人
〔Through the Web UPDATE No.18〕
〔2003年1月号~12月号総索引〕

ご注文

バックナンバー

もっと見る