FRAGRANCE JOURNAL

FRAGRANCE JOURNAL 2003/5月号

No.271(Vol.31/No.5)

【特集】21世紀の研究開発を展望する

電子版あり
FRAGRANCE JOURNAL 2003/5月号
試し読み

※試し読みはダブルクリックで拡大できます。

【特集】21世紀の研究開発を展望する

ジャンル 雑誌 > フレグランスジャーナル
出版年月日 2003/05/15
判型・ページ数 B5
定価 本体2,667円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問合せ・感想

目次

【特集】21世紀の研究開発を展望する

■EVIDENCEに基づく有用性の追求と化粧品の更なる進化に向けて…資生堂 基盤研究本部 山口道廣
■21世紀の化粧品研究の展望…カネボウ 基礎科学研究所 井上紳太郎
■化粧品研究の将来展望とポーラ研究所の取組み…ポーラ化成工業 研究所 岩渕久男
■ディファレントなビューティケア商品の開発を目指して…ライオン ビューティケア事業本部 小出倫正・杉山圭吉
■21世紀の研究開発を展望する…日本メナード化粧品 研究技術部門 執行役員 研究所長 中田 悟
■21世紀の研究開発の展望…アリミノ 狭山研究所 岡野みのる
■化粧品の処方開発における環境問題への対応…マンダム 中央研究所 岡田文裕
■内外美容を目指した研究開発の展望…ヤクルト本社 中央研究所 千葉勝由
■新たな100年に向けた研究開発について…長谷川香料 フレグランス研究所 市川祐司
■あらゆる面でサポートできるサプライヤーをめざして…日光ケミカルズ 企画部 田村博明
■さらなるシリコーンの可能性を求めて…東レ・ダウコーニング・シリコーン 化成品開発部 近藤秀俊・原島朝雄
■サプライヤーとして―これからの原料開発…日本油脂 筑波研究所 粟井浩二・島田邦男
■化粧品原料開発の現状と未来…一丸ファルコス 長谷川順一
■化粧品・医薬品原料の展望…クローダジャパン 滋賀事業所 是沢 猛
■コスメティック・リージョナルラボの役割と新原料の開発動向について…ビーエーエスエフジャパン テクニカルセンター 市原秀行
■新規素材の開発…高級アルコール工業 川合清隆
■米糠中に含まれる成分の化粧品分野への展開…築野食品工業 企画開発室 築野卓夫・井上良計
■化粧品の品質管理・保証問題…日本コルマー 品質保証本部 山崎順一
■受託メーカーとしての研究開発…ジェイオーコスメティックス 研究部 藤本 進
〔時評〕
○21世紀の化粧品技術とFragrance Journalの使命
〔スポットレビュー〕
○新化粧品制度の2年間を振り返って…日本化粧品工業連合会 西島 靖
〔業界ニュース〕
○染毛料(化粧品)に配合できる色素の追加について…日本ヘアカラー工業会
〔Spot News〕
○第98回FJセミナー「くすみ・クマの特性とその対策」開催
〔国際会議報告〕
○In-cosmetics 2003に参加して…日光ケミカルズ 企画部 田村博明
〔News Topics〕
○日化技東京支部講演会・総会開かれる55周年記念誌も刊行
○ザ・ボディショップが夏に向けてボディケアシリーズを発表
〔Fragrance Journal創刊30周年へのメッセージ〕
〔研究報告〕
○化粧品原料としてのシリコーンの開発…信越化学工業 シリコーン電子材料技術研究所 小野猪智郎
○新規海洋性化粧品原料,サメ真皮コラーゲン及び海洋性ムチン…高研 阿蘇雄 宮田暉夫,東京水産大学 水産学部 木村茂
〔研究所紹介〕
○ライフサイエンス新総合研究所完成! (テクノーブル)
〔追悼〕
○元日本毛髪科学協会名誉研究所長 田村健夫先生を偲ぶ
〔翻訳〕
○EEEコンセプト:エモリエントと界面活性剤の組み合わせによる効果的な化粧品の創り方…Johann W. Wiecheres
○皮膚科医から見た皮膚性質の人種差:スキンケアは普遍的となり得るか…Naissan O. Wesley・Howard I. Maibach
〔Through the Web UPDATE No.11〕
〔学会プログラム〕
○日本香粧品科学会第28回学術大会・総会プログラム
○第28回教育セミナー予告
○First JOCS-ILSI Japan Joint Symposium 2003―油脂で創る健康
○第4回日本油化学会フレッシュマンセミナー「界面科学と界面活性剤」
〔統計〕
○2002年12月度および1~12月化粧品累計

ご注文

バックナンバー

もっと見る