FRAGRANCE JOURNAL

FRAGRANCE JOURNAL 2003/1月号

No.267(Vol.31/No.1)

【特集】21世紀の化粧品の価値と開発を展望する

電子版あり
FRAGRANCE JOURNAL 2003/1月号
試し読み

※試し読みはダブルクリックで拡大できます。

この号はPDFをダウンロードできます。

【特集】21世紀の化粧品の価値と開発を展望する

ジャンル 雑誌 > フレグランスジャーナル
出版年月日 2003/01/15
判型・ページ数 B5
定価 本体2,667円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問合せ・感想

目次

【特集】21世紀の化粧品の価値と開発を展望する

■21世紀の化粧品の価値と開発コンセプト…コーセー 研究本部 宿崎幸一
■皮膚科学に果たす化粧品の役割と課題…京都大学 大学院 医学研究科 皮膚生命科学講座 皮膚科学教室 宮地良樹
■マーケティング戦略と化粧品の研究開発…アルビオン 商品開発部 岡部美代治
■国際法規制のハーモナイゼーションと化粧品産業の展望…資生堂 技術部 高橋理佳
■色彩美容ソフトの研究動向…資生堂 ビューティーサイエンス研究所 吉川拓伸
■感性工学から見た商品嗜好のメカニズム:ロングセラー製品の商品設計をめざして…サントリー 食品研究所 永井 元
■化粧と心理学,新たな関係への期待…資生堂 ビューティーサイエンス研究所 阿部恒之
■外見に対する意識の変化がもとめるこれからの社会…顔・化粧文化研究所 代表 村澤博人
■21世紀の製品開発の展望
 スキンケア製品…カネボウ 化粧品研究所 炭田康史・早瀬 基
 メイクアップ製品の展望…コーセー 研究本部 第二製品研究所・メイク製品G 荻原 毅
 ヘアケア製品・育毛剤…ライオン ビューティケア事業部 ビューティケア研究所 田草川博・大山展広・芹澤哲志
 香料・フレグランス製品…高砂香料工業 フレグランス研究所 創香研究部 副部長 丸山賢次
〔時評〕
○多様化する化粧品の価値と開発の課題
〔スポットレビュー〕
○植物由来成分のJapan Trivial Nameは是か…日本化粧品工業連合会 西島 靖
〔Fragrance Review〕
○第23回化粧品技術情報交流会議開催
〔Spot News〕
○第96回FJセミナー「皮膚の老化研究の最前線」開催
〔業界ニュース〕
○日本ヘアカラー工業会自主基準「染毛料(化粧品)に配合できる色素リスト」について…日本ヘアカラー工業会
〔News Topics〕
○第7回Personal Care Ingredient Asia開催迫る
〔海外技術動向〕
○アミンオキサイド:もっとも用途の広い有用性のある素材…Ken Klein
〔学会報告〕
○米国化粧品技術者会年次科学会議2002(1)
○第3回光老化研究会
〔Through the Web UPDATE No.7〕

ご注文

バックナンバー

もっと見る