FRAGRANCE JOURNAL

FRAGRANCE JOURNAL 2002/11月号

No.265(Vol.30/No.11)

【特集】香粧品分野におけるリスク管理の実際

電子版あり
FRAGRANCE JOURNAL 2002/11月号
試し読み

※試し読みはダブルクリックで拡大できます。

この号はPDFをダウンロードできます。

【特集】香粧品分野におけるリスク管理の実際

ジャンル 雑誌 > フレグランスジャーナル
出版年月日 2002/11/15
判型・ページ数 B5
定価 本体2,667円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問合せ・感想

目次

【特集】香粧品分野におけるリスク管理の実際

■リスク・マネジメントと経営戦略…福島大学 経済学部 川上昌直
■リスク管理とその標準化…山梨大学 大学院 工学研究科 持続社会形成専攻 長田 洋
■安全規制とリスク管理…財団法人日本医薬情報センター 理事 中村陽子
■知的財産保護とリスク管理…東京工業大学 大学院 社会理工学研究科 経営工学専攻 エンジニアリング知的財産講座 佐伯とも子
■苦情相談と対応システム…花王 消費者相談センター 安全・環境担当部長 渡辺 熙
■健康リスクアセスメントと環境リスクアセスメントの要素…プロクター・アンド・ギャンブル 今井 聡, C. ペン T. フェイテル, C. ラリー
■化粧品原料ビジネスにおけるリスクマネジメント…味の素 海外食品・アミノ酸カンパニー アミノサイエンス研究所 機能製品研究部 横田博史
■香料メーカーにおけるリスク管理の実際…高砂香料 企画開発本部 加藤 高
■受託メーカーにおけるリスク管理…日本コルマー 監査室 大場秀郎
〔時評〕
○対中国化粧品原料輸出再開
〔スポットレビュー〕
安全性のための表示…化粧品コンサルタント 廣田 博
〔Spot News〕
○毛髪科学技術者協会―第104回学術大会および第1回技術者基礎講座開催
○第95回FJセミナー「最先端科学と新しい化粧品の研究開発」開催
〔国際会議報告〕
○第22回IFSCCエジンバラ大会最優秀賞を受賞して 肌荒れ防止粉体「スキンケアパウダー」の開発―無機粉体は皮膚上にとどまったまま生物学的有用性を示すか…資生堂 ライフサイエンス研究センター 薬剤開発研究所 河合江理子
○第22回IFSCCエジンバラ大会参加記…星崎貞夫
〔トピックス〕
○「第8回JC OEMセミナーおよび懇親会」を開催
〔香粧品技術情報〕
○日本天然物研究所,ビタミンK配合クリームのクマ治療での有効性について発表
〔研究報告〕
○ビール酵母由来の化粧品原料「ラビューレ」…サッポロビール 醸造技術研究所 柴田 巧・加戸久生,片倉チッカリン 筑波総合研究所 井爪正人
〔翻訳〕
○ケラチノサイトの神経免疫学的機能…Sabrina Brenci・Vincenzo Rialdi・Giorgio Rialdi
○サンケア製品およびスキンケア製品におけるUVプロテクション…Julian P. Hewitt
〔学会報告〕
○第22回SCCJセミナー「化粧品の有用性と製品開発(パート4)―ボディ&フレグランス化粧品の有用性と製品化技術」開催
〔Through the Web〕
○海外化粧品法規制・安全性・有用性情報
○インターネットによる欧米を中心とする化粧品関連法規制,安全性,有効性情報の収集,まとめ(その1)
〔Through the Web UPDATE No.5〕

ご注文

バックナンバー

もっと見る