FRAGRANCE JOURNAL

FRAGRANCE JOURNAL 臨時増刊号 No.18(2003)

【特集】最新のメラニン研究と美白剤の開発

FRAGRANCE JOURNAL 臨時増刊号 No.18(2003)

【特集】最新のメラニン研究と美白剤の開発

ジャンル 雑誌 > フレグランスジャーナル > 臨時増刊号
出版年月日 2003/01/01
判型・ページ数 B5・128ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問合せ・感想

目次

【特集】最新のメラニン研究と美白剤の開発

第1章 メラニン生成・色素沈着メカニズムとその制御に関する研究
●最新のメラニン研究と美白剤の開発 (名古屋大学 富田靖、鈴木民夫)
●エンドセリンとSCFからみたシミの生成メカニズム研究 (花王 八谷輝)
●紫外線による一酸化窒素産生とメラニン合成 (カネボウ 佐々木稔)
●ヒスタミンの色素沈着への関与 (カネボウ 吉田雅紀)
●角質層における美白効果 について (アルビオン 岡部美代治、伊藤貴善)
●チロシナーゼ活性測定法および美白効果 評価法 (コスモステクニカルセンター 正木仁)

第2章 最近の美白剤の研究開発動向
●B紫外線による色素沈着生成メカニズムと色素沈着に対するt-AMCHA外用の効果 (資生堂 前田憲寿)
●ルシノールの活性酸素消去と美白作用 (ポーラ化成工業 石神政道)
●ビタミン類のメラニン合成阻害機能 (佐賀大学 亀井勇統、大塚百合)
●アスコルビン酸リン酸マグネシウムのメラノサイト増殖抑制作用(日本メナード化粧品 田中浩)
●ビタミンCテトライソパルミテート(VC-IP)の美白作用(東京警察病院 寺島洋一、コスモステクニカルセンター 正木仁)
●ジュ・エキスの紫外線誘導色素沈着における抑制効果 (花王 北原隆、八谷輝)
●Jatoba果皮抽出物の美白剤への応用 (御木本製薬 高木啓二、野村重雄)
●カミツレエキスの色素沈着抑制効果(花王 小林明美、八谷輝、北原隆)
●ローズマリー美白成分carnosic acidの細胞内gultathione増加作用とメラニン産生抑制機構 (長瀬産業 小坂邦男、宮崎寿次)
●キッピ抽出物のメラニン産生抑制作用 (日本油脂 橋爪論、林伸二)
●香料のメラニン生成抑制効果 (曽田香料 中西秀夫)
●チラミンの美白作用 (クローダジャパン 大寺章夫)
●アジア人の皮膚の色調を均一にする新しい天然由来生成成分:ArlatoneTM Dioic DCA (Uniqema R&D J.W. Wiechers 他)

ご注文

  • 紙版

    本体3,200+税

    在庫がありません

バックナンバー

もっと見る