aromaresearch

AROMA RESEARCH No.62

2015/5月号(vol.16/No.2)

【特集】木の香り 製品開発の現状

AROMA RESEARCH No.62
カートに入れる

【特集】木の香り 製品開発の現状

ジャンル 雑誌 > アロマリサーチ
出版年月日 2015/05/28
判型・ページ数 A4
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問合せ・感想

目次

【特集】木の香り 製品開発の現状

●スギの香りの特性と有効利用  
 …東京大学名誉教授 谷田貝光克
●屋久島の植物精油とその利用
 …やわら香 堀内直哉  
●低温精油抽出とその製品開発
 …協同組合ラテスト 中川和城・中川慶誠・川上大輔  
●クロモジ精油
 …燕雀堂 中田辰男  
●米スギ(WRC)採油事業とその応用製品の開発
 …キセイテック 東 昌弘  
●インターネット上で流通している国内産クロモジ精油、スギ精油およびヒノキ精油の品質調査
 …昭和薬科大学医療薬学教育研究センター臨床化学分析教育研究室 瀧口晶子・喜多江里香・千葉良子  

【小特集】第15回アロマ・サイエンス・フォーラム2014 「遺伝子は香り・匂いをどこまで操ることができるか」Ⅰ

●嗅覚受容体、遺伝子、そして匂い知覚の個人差
 …東京農工大学(デューク大学) 浅川賢史、デューク大学 メディカルセンター 松波宏明  
●ゲノムから読み解く嗅覚の進化
 …東京大学大学院 農学生命科学研究科/ERATO東原化学感覚シグナルプロジェクト 新村芳人  
●遺伝子からみた匂いの感覚
 …東京工業大学 バイオ研究基盤支援総合センター 廣田順二  
●食行動における化学感覚と脳との関係
 …鳥居食情報調節研究所/前味の素 名誉理事 鳥居邦夫  

〔巻頭言〕
●街を花の香りで満たそう…青島 均

〔報文〕
●中国のバラの郷 平陰のバラの花の香り
 …国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 花き研究所 大久保直美  

〔カレントトピックス〕
●線虫嗅覚によるがん検査
 …九州大学大学院 理学研究院生物科学部門/九州大学 味覚・嗅覚センサ研究開発センター 広津崇亮
●鯨類は海洋環境への適応進化の過程で嗅球の背側領域を失った
 …京都大学 野生動物研究センター 岸田拓士
●恐怖の匂い:オオカミの尿由来のP-mix
 …旭川医科大学 柏柳 誠・宮園貞治、北海道医療大学 長田和実
●龍涎香の主成分アンブレインの酵素合成
 …新潟大学 自然科学研究科 上田大次郎・星野 力・佐藤 努
●血管構造の安定化に寄与するTie2受容体の天然活性化食品香料素材
 …丸善製薬 大戸信明、大阪大学 微生物病研究所 高倉伸幸
●沖縄陸軍病院南風原壕内の臭気の再現
 …香りのデザイン研究所 吉武利文

〔連載〕
●香り・におい何故なぜ基礎講座(12):香り・においは生活の中でどのように活用されているのだろう
 …におい・かおり研究家 堀内哲嗣郎
●インディアナ便り(23):皮膚に発現する匂いレセプター
 …インディアナ大学 医学部 小山幸子
●かおり飛歩記:アルゼンチン、グランチャコの自然のなかで
 …谷田貝光克
●光輝く緑の島 スリランカ(4):スリランカの象たち
 …本間請子

〔随想〕 
●香水の小瓶の中の野生
 …日本大学 生物資源科学部 中島啓裕

〔学会・研究会報告〕
●Digital Olfaction Society 2014 2nd World Congress開催報告
 …東京工業大学 中本高道
●シンポジウム「嗅覚神経回路と行動発現のメカニズム」参加記
 …鹿児島大学 楠本-吉田郁恵