aromaresearch

AROMA RESEARCH No.60

2014/11月号(vol.15/No.4)

【特集】香り・におい分析のイノベーション

AROMA RESEARCH No.60
カートに入れる

【特集】香り・におい分析のイノベーション

ジャンル 雑誌 > アロマリサーチ
出版年月日 2014/11/28
判型・ページ数 A4
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問合せ・感想

目次

【特集】香り・におい分析のイノベーション

●生活環境におけるにおいの測定・分析のスタンダードと課題
 …大同大学 情報学部かおりデザイン専攻 光田 恵
●新たな香気成分・文献データベースの機能と活用
 …西川計測 営業統括本部 佐藤克久  
●においかぎGC/MSの優位性と特徴について
 …島津製作所 分析計測事業部 グローバルアプリケーション開発センタGC/GCMSグループ 田部井昭子
●希釈混合装置「FDL-1」でシステマティックに行う官能評価とにおい識別装置「FF-2020」を組み合わせたにおいの定量評価
 …島津製作所 分析計測事業部GCTA_BU 喜多純一  
●これから期待される分析
 …味覚・嗅覚センサ研究開発センター/九州大学大学院 都甲 潔

〔巻頭言〕
●先人たちが作り上げてきた文化をいつまでも
 …谷田貝光克

〔報文〕
●発酵乳の香りが自律神経と行動に与える影響
 …カルピス 発酵応用研究所 川口恭輔・小谷 恵、ANBAS 永井克也
●柑橘系香気成分を含む飲料が自律神経活動や気分状態に及ぼす影響
 …京都大学大学院 農学研究科 高田浩平、龍谷大学 農学部食品栄養学科 山崎英恵  
●神経分化モデル細胞を用いた地中海産アロマ植物由来精油の神経分化に対する作用検証
 … 筑波大学大学院 生命環境科学研究科 池谷亜有美、筑波大学 北アフリカ研究センター 礒田博子

〔フレグランスジャーナル社記念講演から〕
●香りを「声」とする植物たち
 …京都大学 生存圏研究所 矢崎一史  

〔カレントトピックス〕
●アフリカゾウは巨大な嗅覚受容体遺伝子ファミリーをもつ―13種有胎盤類を用いたオーソロガス遺伝子グループの比較進化解析
 …東京大学大学院 農学生命科学研究科応用生命化学専攻生物化学研究室 新村芳人
●アネトールが示す相乗的抗真菌作用の発現メカニズム
 …大阪市立大学大学院 理学研究科生体低分子機能学研究室 藤田憲一
●土の香水―インドの伝統的香油作りを学ぶ
 …匂いアーティスト 上田麻希

〔研究余白〕
●嗅覚研究から情動判断を考える(2)
 …東京大学名誉教授/福井大学 医学部高次脳機能 坂野 仁

〔連載〕
●香り・におい何故なぜ基礎講座(10):においはどのように評価・計測するのだろう
 …におい・かおり研究家 堀内哲嗣郎
●インディアナ便り(21):発達初期における嗅神経系の成長
 …インディアナ大学 心理脳学科 小山幸子

〔マダガスカルレポート〕 
●マダガスカル島の精油資源に刮目
 …津野田 勲
●アフリカ・マダガスカル島エッセンシャルオイル視察ツアー」に参加して
 …久保田 泉
●植物あふれるマダガスカルの旅(続編)
 …野崎 豊
●日・マ協働の架け橋に
 …久保恵美

〔学会・研究会報告〕
●日本味と匂学会 第48回大会
 …藍野大学 医療保健学部 外池光雄