フランスの植物療法

その適切な理論と実際について

フランスの植物療法
カートに入れる

科学的根拠のある適正な植物療法学を詳述

著者 ロイク・ビューロー
森山 未央
永井 克也 監訳
ジャンル 書籍 > 自然療法・代替療法
出版年月日 2016/01/29
ISBN 9784894792630
判型・ページ数 A5変・130ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問合せ・感想

目次

*植物によるケア入門
 ・ハーブによるフィトテラピー治療師のための基本 ・フィトテラピーに必須な概念
 ・習慣から科学へ:自然遺産の進化 ・先入観を乗り越える
*多様な効果を持つ医療:フィトテラピーの効果
 ・Totumのマルチターゲットな働き ・神経障害の治療 ・感染性障害の治療、消化機能の障害と治療 
 ・内分泌障害と代謝疾患の治療 ・皮膚疾患の治療:皮膚の障害と植物性化粧品 ・「女性」に関する障害の治療
*フィトテラピー-アロマテラピー
 ・特別な用途を持つ植物 ・エルポリステリー(薬草薬局)の実践 ・結論

内容説明

科学的根拠のある適正な植物療法学を詳述

監訳者(永井克也博士)が渡仏した折、ある植物療法(フィトテラピー)の入門書に出会いました。その本の訳本を日本で出版したいとの思いで、レンヌ大学に照会したところ、その著者の流れを汲む本書の著者、ロイク・ビューロー准教授を紹介されました。初めてお会いした時に、本書の著者であるビューロー准教授は「マッシュルームの研究をする人は多いが、フランスでも植物療法を専攻する研究者は少ないのですよ。」と仰っていました。栄養療法の研究にも携わるビューロー准教授は科学的な根拠のある植物療法学を広めたいとの思いから本書を上梓されました。本書の内容は高度なものから一般的なものまで幅広く、常に科学的な視線で書かれており、読者を適正なる植物療法に誘うことは間違いないと考えています。