フードツーリズムのすすめ

スローライフを楽しむために

フードツーリズムのすすめ
カートに入れる
著者 菊地 俊夫
ジャンル 書籍 > 自然療法・代替療法
カテゴリ > 食事・レシピ
カテゴリ > 生き方
出版年月日 2016/12/05
ISBN 9784894792807
判型・ページ数 B6・180ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問合せ・感想

目次

1章 フードシステムとフードツーリズムのフレームワーク
2章 オーガニックのフードシステムとツーリズム
 01 オーガニックの歴史的背景と有機認証制度/02有機農業による農産物生産とその特徴/03有機農産物のフードシステムとその特徴
3章 農産物直売所のフードシステムとツーリズム
 01食の安心安全と新しいフードシステムとしての日本農産物直売所/02有機農産物のマーケットと食の光景─欧米の事例と日本への応用─
4章 欧米のフードツーリズム
 01フランスにおけるワイン文化の成熟とワインツーリズム/02フランスにおけるチーズのフードツーリズム/03ベルギーのビールの村におけるフードツーリズム/04ワシントンで流行りのオーガニックレストラン「ノラ」
5章 日本のフードツーリズム
 01日本におけるワンツーリズムの発展とフードツーリズムへの可能性/02そばのブランド化とフードツーリズム/03日本における食文化の地域差とそのフードツーリズムの可能性
6章 アジアのフードツーリズム
 01韓国・全羅北道完州郡安徳里におけるキムチづくりのフードツーリズム/02バンコク郊外におけるルーラルツーリズムとフードツーリズムのコラボレーション/03モンゴルにおけるゲルキャンプツーリズムとフードツーリズムのコラボレーション

内容説明

「おいしい」そのひと言から フードツーリズムははじまる!  

フードツーリズムは「食」に関わる「歩く」、「見る」、「聞く」、「食べる」、「体験する」の総合的な観光の形態といえる。(本書「はじめに」より)  

衣・食・住は私たちの暮らしに欠かせません。とりわけ「食」は、生きていくために必要不可欠なものであり、一方で好奇心をかきたてる娯楽でもあります。世界を見わたすと、その土地ならではの食文化が、ここかしこで息づいています。人々はそこでしか味わえない「おいしい」を求めて足を運びます。 そう、「おいしい」には、人が集まるのです。  
本書ではフードツーリズムやフードシステムの基本的な考え方、安心安全な食材として有機農産物について、そして著者が実際に見て聞いて味わった世界のフードツーリズムを紹介しています。その土地の歴史、脈々と受け継がれる文化、そこに暮らす人々となど、「おいしい」を取り巻く環境にふれあえるフードツーリズムはいま、まちづくりの視点からも注目を浴びています。  
人を元気にするまちづくりや地域活性化のヒントとなる一冊です。