電子書籍あり

やさしいアロマテラピー 2

試し読み

やさしいアロマテラピー 2
試し読み
ジャンル 書籍 > アロマテラピー
電子書籍
カテゴリ > エッセンシャルオイル
出版年月日 2000/11/01
ISBN 9784894790377
判型・ページ数 A4変・152ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問合せ・感想

目次

第1章 アロマテラピーでできること・できないこと
1 アロマテラピーの内外の規制問題について
2 アロマテラピーにおける消費者保諮とPL法について
3 スキントラブルなどの安全性問題につて
4 アロマテラピーで注意すべきことについて
5 妊婦や子どもにアロマテラピーを施す注意点について
6 精油の効能はどこまで認められるかにつて

第2章 各国のアロマテラピー事情
1 日本におけるアロマテラピーの歴史と現状について
2 日本原産の精油で、日本独自のアロマテラピーの構築は可能であるかについて
3 イギリスにおけるアロマテラピーの現状についてどのような範囲で使われていますか
4 フランスにおけるアロマテラピーの現状についてフィトテラピーとは何ですか
5 ドイツのアロマテラピーの現状についてハイルプラクティカーとは何ですか
6 アメリカにおけるアロマテラピーの現状についてーどのように発展しているのですか
7 オーストラリアにおけるアロマテラピーの現状について─セラピストの基準は何ですか

第3章 香りの働きかけと効用
1 香りによるリラックスやリフレッシュについて
2 精油(香り)の身体に及ぼす作用と、癒しのメカニズムについて
3 精油の香りと、有効成分のどちらを重視すべきかについて
4 精油の稀釈度と稀釈法について
5 精油の簡単な処方と、ブレンド法について

第4章 より良い精油を選ぶために
1 精油の蒸留、圧搾法などの抽出方法について
2 ラベル・添付・表示の読み方と、使用期限について
3 精油の正しい選び方、品質を見分ける方法について
4 同じラベンダーでも精油の香りや組成の違いについて
5 ケモタイプの精油について
6 精油の分析法とデータの読み方について
7 精油の品質保証について
8 精油の規絡・基準、安全性等のガイドラインについて
9 オーガニック精油について

第5章 アロマテラピーの最前線
1 一般家庭/務らしに役立つアロマテラピーの使い方について
2 エステティック/アロマテラピーのサロンケアについて
3 化粧品/化粧品分野でのアロマテラピーについて
4 浴剤/入浴でのアロマテラピーの活用について
5 芳香剤/部屋の芳首消臭剤としての利用について
6 医療/助産院でのアロマテラピーの活用法について
7 環境/香りで環境への演出について
8 スポーツ/スポーツへの応用について
9 動物/ベットへの活用について

第6章 アロマテラピーの発展をめざして
1 キャリアオイルの組成と選び方・使い方について
2 浸出油のつくり方・利用方法について
3 施術する上での、カウンセリングとテクニックについて
4 触れ合う感党を楽しむタッチングとアロマテラピーについて
5 他の療法とアロマテラピーを併用する場合の留意点について
6 アロマテラピーを学ぶためのスクール(講座)を選ぶ基準と目安について
7 芳香蒸留水とその利用法について
8 アロマテラピーと占星術の関係について
紹介 エッセンシャルオイル・ブランドリスト
アロママテラピー・スクールリスト

内容説明

第一線で活躍する、31名の専門家が、44の質問に答えるQ&A方式で、アロマテラピーについて深く学びます。巻末に精油ブランドリスト、アロマテラピースクールリスト付