脳に効く香り

(香り新書 3)

精油の効果をモノアミンで考える

脳に効く香り
カートに入れる

精油の効果を「ハイブリッド証理論」の応用で解明!! 神経伝達物質モノアミンの作用で精油の効果を解き明かす

著者 鳥居 伸一郎
ジャンル 書籍 > 香り
カテゴリ > 嗅覚系
シリーズ 香り新書
出版年月日 2017/02/28
ISBN 9784894792821
判型・ページ数 新書・116ページ
定価 本体1,400円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問合せ・感想

目次

1.感じる脳と神経伝達物質の働き  
2.脳に効く西洋医薬 
3.脳に作用する精油        
4.医療と精油の将来

内容説明

精油の効果を「ハイブリッド証理論」の応用で解明!!
神経伝達物質モノアミンの作用で精油の効果を解き明かす  

内科・泌尿器科・東洋医学の専門医である著者が「精油が精神薬理学的にどのように効くのかを研究し、それを正しく理解した上で臨床に用いる」ことを命題として研究を深め、 西洋医学と東洋医学を融合させ、脳内の神経伝達物質の変化を解釈するに至りました。

漢方の「気血水」の「気」を、モノアミンを中心とした神経伝達物質のバランス、「血」を血液中の赤血球成分の循環動態、「水」を血液中の循環動態と水分の循環および代謝動態と考えるハイブリッド証理論を確立。

本書によって精油の効果が具体的かつ分かりやすい言葉で表現できるようになったことは、研究成果の賜物であり、アロマテラピー全体の大きな前進と言えるでしょう。