FRAGRANCE JOURNAL

FRAGRANCE JOURNAL 2000/9月号

No.239(Vol.28/No.9)

【特集】最近の新しい美白剤の開発動向

電子版あり
FRAGRANCE JOURNAL 2000/9月号
試し読み

※試し読みはダブルクリックで拡大できます。

【特集】最近の新しい美白剤の開発動向

ジャンル 雑誌 > フレグランスジャーナル
出版年月日 2000/09/15
判型・ページ数 B5
定価 本体2,667円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問合せ・感想

目次

【特集】最近の新しい美白剤の開発動向

■シミの生成メカニズムと予防に関する最新研究…花王 生物科学研究所 北原 隆・武馬吉則
■新しい美白剤研究に関する最近の動向―活性酸素について―…ノエビア 神戸研究所 正木 仁・落合康宣
■チロシナーゼを中心とした遺伝子研究と新しい美白剤の開発…資生堂 基盤研究センター 薬剤開発研究所 太田直美・青木宏文・伊福欧二
■小麦胚芽水抽出液のメラニン生成抑制作用…鐘紡 基礎科学研究所 五十嵐滋・堀越俊雄
■メラノサイト刺激ホルモンの作用に対するクジンエキスの効果…ポーラ化成工業 中央研究所 本川智紀
■メロスリアエキスの紫外線惹起色素沈着抑制効果…コーセー 基盤技術研究所 星野 拓
■水素添加大豆リン脂質によるAPMの経皮吸収と美白効果…日本メナード化粧品 総合研究所 大森敬之・坂 貞徳
■アフリカ産食用葉,ノゲイトウに含まれる美白物質…近畿大学 農学部 農芸化学科 沢辺昭義,近畿大学 工学部 化学環境工学科 野村正人
■ローズマリーから得られた美白成分…長瀬産業 研究開発センター 小坂邦男・宮崎寿次,ヘルスケア事業本部 小野誠
■エンドセリン作用・産生阻害植物エキスのメラニン生成抑制効果…花王 生物科学研究所 八谷 輝・小林明美・大内 敦
■Jatoba果皮のチロシナーゼ阻害物質…御木本製薬 研究開発部 高木啓二・下村健次
■ビタミンC誘導体の機能とその応用…日本サーファクタント工業 素材開発部 栗原浩司
■バラ科「火棘(かきょく)」のメラニン生成抑制効果…サントリー研究センター 基礎研究所 飯野妙子・木曽良信
■グァバフェノンの美白効果…備前化成 研究開発部 高下 崇
■香料のメラニン生成抑制効果…曽田香料 フレグランス研究部 中西秀夫・笠原香織
 
〔時評〕
○アトピー性皮膚炎と化粧品の役割
 
〔スポットレビュー〕
○「見る」より「視る」がよい…化粧品コンサルタント 廣田 博
 
〔Spot News〕
○高砂香料創立80周年記念フレグランスシンポ開催
 
〔香粧品技術情報〕
○資生堂,世界中のあらゆる女性の肌を美しく演出するファンデーション用パウダーの開発に成功
 
〔Topics〕
○ポーラ,R&Dあれこれ展開催
 
〔学会報告〕
○米国化粧品技術者会年次科学セミナー2000

ご注文

バックナンバー

もっと見る