FRAGRANCE JOURNAL

FRAGRANCE JOURNAL 1999/7月号

No.224(Vol.27/No.7)

【特集】動物実験代替法の動向と研究の現状

電子版あり
FRAGRANCE JOURNAL 1999/7月号
試し読み

※試し読みはダブルクリックで拡大できます。

この号はPDFをダウンロードできます。

【特集】動物実験代替法の動向と研究の現状

ジャンル 雑誌 > フレグランスジャーナル
出版年月日 1999/07/15
判型・ページ数 B5
定価 本体2,667円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問合せ・感想

目次

【特集】動物実験代替法の動向と研究の現状

■香粧品の安全性と代替試験法―その現状と将来…食品薬品安全センター 秦野研究所 小野 宏
■動物実験代替法研究開発の国際動向と国際交流…資生堂 ライフサイエンス研究センター 高松 翼
■代替法を組み込んだ化粧品の眼刺激性評価ガイダンスについて…国立医薬品食品衛生研究所 薬理部 大野泰雄
■眼刺激性試験代替法-細胞毒性試験…日本メナード化粧品 総合研究所 小島肇夫
■皮膚刺激性試験代替法の現状…資生堂 ライフサイエンス研究センター 安全性研究所 足利太可雄・板垣 宏
■光毒性試験代替法の現状…コーセー 基礎研究所 岡本裕子・大越健自
■In vitro経皮吸収性試験について…花王 研究開発部門 笠井 裕
■皮膚感作性試験代替法…鐘紡 化粧品研究所 山崎俊介
 
〔時評〕
○化粧品の安全性
 
〔スポットレビュー〕
○油脂と生活…化粧品コンサルタント 廣田 博
 
〔Spot News〕
○第76回FJセミナー「新しい美白剤研究の最前線」をテーマに開催
 
〔試験法紹介〕
○米国における最近のin vitro試験法…クリエイティブ・ストラテジー・インク
 
〔企業トピックス〕
○アリエ,OEMメーカーとして初のISO9002取得
 
〔海外リポート〕
○中国の産業と企業(13)―最近の中国の経済と台湾企業の対中投資動向(下)―…大西 憲
 
〔技術解説〕
○テロメアDNA長の計測による皮膚の老化度の診断システム…広島県立大学 横尾誠一・三羽信比古,ソニーCPラボラトリーズ 山下律郎
 
〔研究報告〕
○アルキル変性シロキサン―最も効果的な処方のための重要な原料…David Floyd・Anna Howe
○微生物産生吸水性バイオポリマーの化粧品原料としての有用性―新規開発アルカリゲネスレータスB-16ポリマーの評価…石畠さおり
 
〔連載〕
○Let’s play the internet (10) :インターネット上の有用なソフトウエアとデータベース…アルビオン 岡部美代治
 
〔香粧品技術情報〕
○日本メナード化粧品,植物の細胞融合から生まれたエキスを世界で初めて化粧品に配合!―紫外線によるシワ・タルミを予防する化粧品に応用
○資生堂,中高年特有の体臭を防ぐ新技術の開発に成功―新会社を設立し,シニア事業に進出
 
〔学会報告〕
○第44回SCCJ研究討論会開催
○香粧品学会,紫外線と皮膚計測の2つのシンポジウムを中心に開催

ご注文

バックナンバー

もっと見る