においと味を可視化する

(香り新書 5)

化学感覚を扱う科学技術の最前線

においと味を可視化する
カートに入れる

世界的に関心が高い匂いと味のセンシング技術について、エキスパートである著者らによる研究の現状とその可能性について詳説する!

著者 都甲 潔
中本 高道
ジャンル 書籍 > 香り
カテゴリ > 嗅覚系
カテゴリ > 食事・レシピ
シリーズ 香り新書
出版年月日 2017/05/22
ISBN 9784894792852
判型・ページ数 新書・177ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問合せ・感想

目次

1.においと味を感じる
2.味物質の受容体(レセプター)
3.においを再生する
4.味を記録する
5.味を再生する
6.五感融合の創る世界

内容説明

味・嗅覚センサで味とにおいの“ものさし”を創る

においと味のセンシング技術への要請は世界でも最近とみに高まってきている。
本書は、この方面で著名な二人の研究者により、世の中の期待に応える嗅覚と味覚に関係する科学技術について現状とその未来が語られている。今まで、コンピュータを中心として世界では、機械の性能は優れていても無機質で、親しみやすい素地を有しているものではなかった。嗅覚や味覚がこれらに加わると格段に親しみやすさが増すことは誰もが思うことであろう。
本書はこのような視点からにおいと味のセンサや再生装置の発展を概観したものであり、五感が暖かく融合した新しい21世紀の実現を予感させるものである。