aromatopia

aromatopia No.142

2017/5月号(vol.26/No.3)

【特集】ハーブ療法最前線

aromatopia No.142
カートに入れる

【特集】ハーブ療法最前線

ジャンル 雑誌 > アロマトピア
出版年月日 2017/05/25
判型・ページ数 B5
定価 本体1,714円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問合せ・感想

目次

【特集】ハーブ療法最前線


今や統合医療において確固たるポジションを築いているハーブ療法。一方、ハーブは私たちの暮らしのさまざまなシーンに登場するようになりました。スーパーの棚にも多くの種類のハーブティーが、野菜売り場にはフレッシュハーブが並びます。また、ドラッグストアでは、たくさんのハーブ系サプリメントも販売されています。ハーブの普及が目覚ましい現状において、その有用性や注意すべき安全性、相互作用などとともに、ハーブを取り巻く現代の様々な状況について各界の専門家に伺います。


・ハーブ療法の現状と今後…明治国際医療大学附属統合医療センター 今西二郎
・ハーブ・薬用植物に関する臨床研究アップデート2017…健康科学大学/DHC 蒲原聖可
・機能性表示規制緩和に伴うハーブ系サプリメントの現状についての考察…ニードインターナショナルジャパン 杉山晴彦
・医薬品とハーブの安全性…ペルアンク 新井ひろ子
・ハーブ製品販売に際して知っておくべき法律的課題…アドバイザリースタッフ研究会 千葉一敏
・ハーブ療法における精油の位置づけとハーブ療法の新知見…グリーンフラスコ株式会社 林 真一郎
・西洋のハーブ療法と東洋の生薬─共通点や相違点、それについての統合的発展の提言…東邦大学医療センター大森病院東洋医学科 田中耕一郎
・育てて使うメディカルハーブ─植物を侮るなかれ!すべての植物に毒がある…育成総合研究所 和光幸子

(インタビュー)
・地域を活性化するハーバルライフ…NPO法人 自然工房めばえ理事長 海野まさきさん

(世界のハーブ療法の動向を見る!)
・薬草の宝庫ブラジルの実態調査…ブラジルハーブ研究家 長田順子
・タイ伝統医療とハーブの今…Akiko
・次世代に伝えたいフィジアンハーブ…トトラボ植物療法の学校 村上志緒
・EUにおけるハーブ規制の動向2017─特にイギリスとドイツについて…IFA認定アロマセラピスト/翻訳家 飯嶋慶子

〔巻頭言〕
・ホタル復活作戦 

〔Report〕
・世界に誇れる芳樟精油と生搾りオイル─鹿児島で受け継がれている精油・植物油生産…えぐちまお

〔セミナーのノートから〕
・生活の木 ハーバルライフカレッジセミナー開催(編集部)

〔Series〕
・プレママ&ママのためのヨガ塾(5):マタニティリストラティブヨガを知ろう…小林睦子
・香りにまつわる古今東西のお話 今、“かおる”人になる(14):男と女と香りのお話…Hiroko KONDO
・〈最終回〉ルーマニアから来たミハエラ博士に学ぶ自然療法の科学(12):ラブ・オブ・ライフ(生命を愛しむ)…樋渡志のぶ
・〈最終回〉薬草から見える、世界の人々(4):薬用・アロマティック植物と人々─消費者視点から…金成かほる
・一流セラピストへの道(2):大きな目標に向かって…田中身和子
・アーユルヴェーダライフのすすめ(2):アンバランスな心の整え方…新倉亜希
・スターコーチのおしゃべり講座(2):サロンを開業するタイミングっていつ?…スターコーチ
・漢∞蘭アロマテラピーに学ぶ伝統療法の智惠(6):土と石菖蒲…倉津三夜子
・稲葉智夫の世界香り紀行(6):北と南のイタリア…稲葉智夫
・Aromatopia Information Reference
・アロマ・ブック・スーベニール(17):『糀ことはじめ─365日、醸す暮らし』…アイダミホコ
・シネマ・アロマ~香りたつ映画たち~(16):花々の香り…あつた美希
・しんいちろうの物申す!!(22):健康づくりの専門家とは誰か?!─地域包括支援とセラピストの活用…林 真一郎
・ハーブリサーチレビュー(100):ヒバに含有される2つの成分がアレルギーの発症を抑制する…村上志緒