FJ 2014/11月号

 印刷(PDF) 

SAFETY & REGULATIONS     ――――     Through The Web

(2014年9月7日~2014年10月4日)

 

以下、フレグランスジャーナル誌2014年11月号関連情報リンクを示す

 

■ CIR評価、EU成分付表法制化の進行顕著
CIR: 第132回専門家パネル会合記録、最終報告: Alkyl Phosphates2-Amino-3-HydroxypyridineCamellia Sinensis-Derived IngredientsCitrus-Derived Peel OilsMethylisothiazolinoneStyrene & Vinyl-type Styrene Copolymers、暫定報告(TR): Avena Sativa(Oat)-Derived IngredientsGlycerinJatropha由来成分へのFDA警告)、Hydroquinonep-HydroxyanisolePCA・Its SaltsPEGylated Alkyl GlyceridesPolyoxyalkylene Siloxane・Alkyl-Polyoxyalkylene Siloxane CopolymersPropylene Glycol EstersSorbitan Esters、データ不足: Polysaccharide Gums(4分類構成成分リスト)、科学文献調査報告: LecithinSodium Benzotriazolyl Butylphenol SulfonateCentella Asiatica-Derived Ingredients
EU委員会: 防腐剤付表Ⅴ改正2規則: Methylchloroisothiazolinone・Methylisothiazolinone関連1003/2014・Paraben関連1004/2014、EU SCCS: 酸化チタン・亜鉛、カーボンブラック既答申中「噴霧可能(Sprayable)製品」配合回避表現の明確化EU委員会要請への回答答申

■ TG再編、代替法総括及び次世代対応が依然活況
OECD: 9月末採択試験法ガイドライン(TG): 第4分類: 皮膚腐食性in vitro再構築ヒト表皮(RHE)試験TG431、哺乳動物系in vivoアルカリコメットアッセイTG489in vitro染色体異常試験TG473・同in vivo骨髄染色体異常試験TG475、小核試験in vitro細胞TG487in vivo赤血球TG474、第2分類(生態系影響): ホザキノフサモ(Myriophyllum Spicatum)毒性試験堆積物フリー系TG238・水-堆積物系TG239、第3分類(分解・蓄積性): 生分解性密閉容器中炭酸ガスヘッドスペース試験TG310
OECD草稿段階TG及び試験評価モノグラフ(STAM): in vivo精原細胞染色体異常試験TG483・げっ歯類優性致死試験TG478、遺伝毒性TG入門書、生殖発生毒性スクリーニング試験TG421・同法/反復投与毒性試験組合せTG422、反復投与毒性試験代替肝毒性関連新TG提案性能基準(PS)基盤ヒトCytochrome P450 (CYP) n-倍誘導in vitro試験・CYP誘導試験多施設VLD試行試験報告(EU JRC: 肝毒データベース新設案内(SEURAT-1中ToxBankプロジェクトデータ倉庫保管・公開))、PS基盤TGヒトエストロゲン受容体α結合アッセイ 、in vitro感作性試験法h-CLAT
OECD新発行STAM: 化学物質小児被曝状況加盟国調査基盤フォローアップワークショップ(WS)総括第209巻・UN GHS分類・表示法検証協働化学物質評価会合(CoCAM)選択4物質試行結果報告第210巻
EU JRC・ECHA: REACH、CLP動物愛護3R推進規制対応代替法・非試験(コンピューター毒性学)法解説「法規制毒性代替法:最先端総説」、EURL-ECVAM: 代替法データベースDB-ALM完全更新版2014オンラインサービス開始案内、SACATM: 9月ICCVAM活動状況検証会合関連資料一覧(同Environmental Factor(EF)誌速報)、EPA: 次世代危険性評価(NexGen):分子・コンピューター・システム生物学の最近の進歩の包含」報告、AltTox: サイト再編、CEFIC: ECHA共催生体蓄積性WS速報・同背景資料
有害転帰経路(AOP): OECD: AOP Wiki開設とEPA・EU JRC共同開発知識ベース新設案内、NTP: 「AOP:研究から規制まで」ワークショップ・「法的受容プロセス」分科会1・「法的決定へのAOP適用:信頼性と基準」分科会2・「定性的AOPの次段階(定量的AOP)移行」分科会3資料(関連EF誌速報

■ ナノ、フタル酸エステル類、ノニルフェノール類など
ナノ関連: EU JRC: 13年8月~本年4月収集定義関連経験情報総括パート2、OECD: ナノ物質ワーキングパーティーモノグラフ第42巻ナノ規制(定義、法制化、課題、連携)10~11年調査報告・9月「ナノ物質群化・分類の専門家会合」背景資料
内分泌撹乱作用(ED)関連: EPA IRIS: 隔月会合用暫定報告フタル酸エステル類(PE)ジイソノニルブチルベンジルジイソブチル、CosmeticDesign: ブチルベンジル、ジ-n-ブチルPE母体被曝と小児喘息危険性増加の関連米国研究と英国CTPA見解を含むEU状況解説、EPA: ノニルフェノール及び同EO付加物計15種への重大新規使用規則適用提案FR告示、EU委員会: 殺生剤・農薬分野中心ED物質定義(同定基準)に関するオンライン意見聴取開始案内(参考資料EFSA活動総括
その他: NTP: 4物質追加・全243種第13次発ガン物質報告ファクトシート、医薬・色素合成中間体β-Picolin発ガン性技術報告第508巻、EPA HPVプログラム: 障害同定報告書への9月付け2-PyrrolidinoneC.I. Pigment Red 48など21物質追加、カナダ化学物質局: アセトン最終スクリーニング評価報告、EFSA: 化学物質障害性データベース更新報告・解説、ECHA: REACH管理対象化学物質(超高懸念物質)先行告知システム新設案内、CEFIC: 「価値チェインにおける化学物質安全性」小冊子 

■ 他化粧品動向、サンスクリーン改革法、企業秘など
米国議会: サンスクリーン改革法(S2141)上院通過(関連サンスクリーン一般アクセス同盟(PASS)声明・環境ワーキンググループ声明・C&T誌解説
FDA CFSAN: 企業秘成分解説・「香料」表示成分規制解説、IFRA: EU未公開ノウハウ・企業情報(企業秘)保護指令妥協案への見解書

 

香粧品(化粧品・トイレタリー)科学研究開発専門誌

フレグランスジャーナル

 

トップに戻る

関連書籍

その他「Through the Web TOPICS」の一覧は、
TTWニュースのページからご覧いただけます。