FJ 2014/3月号

 印刷(PDF) 

SAFETY & REGULATIONS     ――――     Through The Web

(2014年1月6日~2014年2月8日)

 

以下、フレグランスジャーナル誌2014年3月号関連情報リンクを示す

 

■ 米国における多観点の化粧品関連成分リスト

EPA DfE: より安全な化学物質成分リスト更新版、DfE有用性解説、CIR: 本年度優先評価成分リスト確定最終版、カリフォルニア州安全化粧品(CSC)法プログラム: 発ガン性・生殖発生毒性同定・懸念表明化粧品成分情報包含製品データベース(DB)、同一般公開発表、PCPC: CSC法プログラムへの対応声明、環境ワーキンググループ(EWG): 化粧品から消え去るべき成分声明

 

■ 次世代毒性試験、危険性評価に向けた動向

EURL-ECVAM・米国Hammer健康科学研究所: 「毒性経路(TP、Toxicity Pathway): 概念から化学物質安全性評価への適用まで」報告、同解説、EURL-ECVAM・米国先進的翻訳科学センター(NCATS)共催欧米協働プログラム会合: 速報、NTP: 最新号ニュース、健康評価・翻訳部「系統的評価枠組み」資料作成用ツールDragonソフトウェア紹介、WHO/IPCS: J Applied Toxicology誌「作用様式(MoA)・ヒト関連性枠組み」総説、Environmental Research & Public Health誌「化学物質の健康影響に関する研究課題の設定」総説

 

■ EU FPプロジェクトなどナノ関連動向

EU NanoSafety Cluster(NSC): 第2号ニュースレターNSC大要2013、Nanoforce: 「EU委員会への勧告集」報告及び抜粋、EU委員会: 新奇食品(Novel Foods)規制提案(2013/045/COD)、NIA: 米国・カナダ法規制協働評議会(RCC)ナノ主導プログラム解説、ISO第229委員会: ISO/TS 12901-2「製造ナノ物質に適用する職業的危険性管理 パート2:制御帯(Control Banding)アプローチ」刊行承認

 

■ EFSA、ビスフェノール(BP)A答申草稿、EU SCENIHRも予備答申

EFSA: BPA答申草稿、3月13日期限意見聴取案内、EU SCENIHR: 医療器具中BPA予備答申

 

■ 防腐剤、REACH、化粧品臨床試験などその他諸動向

PCPC: 防腐剤Methylisothiazolinone(MI)への声明、ASEAN化粧品工業会: MI配合中止勧告、ECHA: EU REACH第1登録書類遵守状況評価(Compliance Check)完了案内、評価担当加盟国・登録者間の情報交換の優良実施ガイダンス(GD)、FDA CFSAN: 治験薬申請(IND、Investigational New Drug Application)最終GD中特定部分の化粧品及び栄養補助食品との関連意見聴取再開決定、EU SCCS: 昨12月本会議記録、ドイツ連邦RA研究所(BfR): 化粧品危険性評価高頻度質疑応答集、PCPC: 微生物GD「清浄(Cleaning)と浄化(Sanitization)」草稿、2月20日期限意見聴取案内、EFSA: β-Apo-8’-Carotenal答申、ECETOC: 技術報告第123巻「イオン化有機物質の環境被曝評価」GD(抄録)、第122巻「難溶性粒子の慢性的被曝:肺過負荷」報告(抄録)(全文ダウンロードには簡易登録要)

 

香粧品(化粧品・トイレタリー)科学研究開発専門誌

フレグランスジャーナル

 

トップに戻る

関連書籍

その他「Through the Web TOPICS」の一覧は、
TTWニュースのページからご覧いただけます。