T22-T55(1308)

 印刷(PDF) 

THROUGH THE WEB UPDATE ニュース

2013.08-09

2013年7月1日~2013年7月27日分(T22~T55)

 

以下、フレグランスジャーナル2013年9月号TTW TOPICSコラム No.57関連、一部8月号TTW TOPICSコラム No.56関連を含む

 

<T55> 化粧品規制協力国際会議(ICCR)、FDA CFSAN、7月初旬東京開催第7回会議概要報告(IE)(参考:厚生労働省リリース(IE)

 

<T54> EFSA、食品中ビスフェノール(BP)Aの存在に関連する公衆衛生危険性「パート1:被曝量評価」答申草稿(314頁)(9月15日期限意見聴取)・同解説(IE、4頁)、「Yohimbe (Pausinystalia yohimbe (K. Schum.) Pierre ex Beille)の安全性評価」答申(46頁)、フレーバー群評価(FGE)答申2件:α,β-不飽和2-Phenyl-2-Alkenal類第216群改正1(21頁)、α,β-不飽和ケトン類など第217群(29頁)、食品健康効能:「非醗酵性炭水化物と歯牙石灰化低減効能」肯定答申(13頁)

 

<T53> OECD、試験法ガイドライン(TG)7月26日付け承認公開10件:第4項:「In vitro皮膚腐食性:皮膚電気抵抗法(TER)」TG 430(20頁)、「In vitro皮膚腐食性:再構築ヒト表皮試験法(RHE)」TG 431(34頁)、「同皮膚刺激性RHE」TG 439(21頁)、「1:重大な眼損傷を誘導する物質及び2:眼刺激性/重大眼損傷分類不要物質の同定のためのウシ角膜混濁・浸透性試験法(BCOP)」TG 437(27頁)、「同単離ニワトリ眼球試験法(ICE)」TG 438(20頁)、「げっ歯類トランスジェニック動物体・胚細胞遺伝子変異試験」TG 488(15頁)、第1項:「pH、酸、アルカリ度測定」TG 122(6頁)、第2項:「魚類胚急性毒性試験(FET)」TG 236(22頁)、「ミツバチ(Apis Mellifera)幼虫毒性試験:単回被曝」TG 237(10頁)、「魚類生涯初期段階毒性試験」TG 210(24頁)

 

<T52> EPA NCEA、「酸化エチレン吸入発ガン性」外部専門家評価改定報告草稿(174頁)(意見聴取期限9月5日)

 

<T51> 北米IFRA、EPA環境デザインプログラム(IE)への安全香料成分119種追加歓迎声明(IE)

 

<T50> オーストラリアNICNAS、既存物質優先評価「フタル酸ジブチル」評価報告書草稿(DOC、131頁)(意見聴取期限8月21日)

 

<T49> EU SCCS、2,2’-Methylene-Bis-(6-(2H-Benzotriazol-2-yl)-4-(1,1,3,3-Tetramethylbutyl) Phenol)ナノ形態改定答申(71頁)、Zinc Oxideナノ形態補遺答申(13頁)、Titanium Dioxideナノ形態答申(111頁)(7月持ち回り採択、規定意見聴取期限9月6日)

 

<T48> ナノ関連:EU FP7プロジェクト関連情報3件:「ナノ物質の遺伝毒性検出のための方法確立(NanoGenoTox、10~13年)」プロジェクト、最終報告書(60頁)、「革新的ナノ科学及び技術の安全な応用(Safe Implementation of Innovative Nanoscience and Nanotechnology、SIINN)」プロジェクト、「ナノEHS研究の統合的枠組み」草稿(123頁)、「ナノ物質のヒト・環境安全性に関する知的試験戦略(ITS-Nano)」プロジェクト、研究優先性に関する報告書(128頁)・同基盤「知識間隙の同定」報告書(92頁)・EU JRCプロジェクト協力解説リリース(IE)、ISO第229(ナノ)委員会、ISO/PRF TS 80004-6「用語集パート6:ナノ物質特性解析」7月17日付け最終草稿段階移行(IE)、ISO/PRF TS 13830「製造ナノ物質含有消費者製品の自主表示ガイダンス」審議保留解除・7月22日付け最終草稿段階移行(IE)、ACS Nano誌、太平洋北西部ナノ毒性研究センター(PNEL)「製造ナノ物質(シリカ・酸化鉄)によるマクロファージ活性化プロフィールの異常調節」論文抄録(IE)、Environmental Science & Technologies誌、スイス連邦技術研究所「身体ストレス下における繊維製品からの銀及び酸化チタンナノ粒子の人工汗中への溶出:実験及び被曝モデル化」論文抄録(IE)

 

<T47> NTP、四半期ニュースレター(12頁)(科学諮問理事会(BSC)会合におけるNTP道程マップ関連討議概要)

 

<T46> ECHA、REACH化学物質安全性評価報告(CSR)・拡張安全性データシートの品質改善に向けた道程表(IE)・同解説(IE)

 

<T45> EU SCCS、6月本会議採択「SCCSにおける科学的評価及び答申採択(動物試験及びナノ関連)」に関する覚書(4頁)

 

<T44> 環境ワーキンググループ(EWG)、「昆虫忌避剤」ガイド(21頁)に関する解説(IE)、FDA宛「サンスクリーン規制の早期最終化」要請書簡

 

<T43> EFSA、「化学物質混合物被曝」検討状況・課題解説(IE、4頁)、「多数化学物質の組合せ被曝に関連するヒト危険性評価を取り扱う国際的枠組み」科学報告(69頁)・同「現状アプローチと将来的優先課題」解説(IE)、食品中アクリル酸アミドに関する現状総括(IE)

 

<T42> EU委員会、新化粧品規則発効及び誤解を招く標榜に関する7月11日リリース、新規則枠組みサイト(IE)新設、5月25日EU官報告示Polidocanol付表Ⅲ改正規則483/20137月11日EU官報告示ヘアダイ成分関連付表Ⅱ・Ⅲ改正規則658/2013(16頁)及び「化粧品の標榜(Claim)実証のための共通的基準」規則655/2013(4頁)・同関連ガイドライン(12頁)

 

<T41> ECHA、周期評価計画(CoRAP)へのドイツ追加要請物質(p-Phenylenediamine及び同Phenyl/Tolyl混合誘導体:<S93>参照)の包含決定案内(IE)

 

<T40> WHO・IPCS、化学物質危険性評価ネットワーク新設案内(IE)・同解説小冊子(4頁)

 

<T39> CTPA、英国皮膚科協会(BAD)年会における防腐剤Methylisothiazolinoneなどのアレルギー関連報告報道への声明(IE)

 

<T38> カナダ環境省、フタル酸エステル群(14種)に環境保護法(CEPA)1999第71条強制的情報要請告知(IE)(提出期限11月13日)

 

<T37> FDA CFSAN、幼児用食品包装へのビスフェノール(BP)A使用許可撤廃予告(IE)(不使用背景を強調、安全性には言及せず)

 

<T36> EU SCCS、6月本会議採択答申3件:Hydroxyanthraquinone-Aminopropyl Methyl morpholinium Methosulfate(30頁)3-Benzylidene Camphor(28頁)Zinc Pyrithione(67頁)(規定意見聴取期限8月16日)、改定・補遺答申2件:Climbazole(11頁)Diethylene Glycol Monoethyl Ether(DEGEE)(53頁)、EU委員会諮問2件:Carbon Black NanoZinc Oxide Nano、Health-EUニュースレターEU SC特集号(IE)

 

<T35> EPA、内分泌撹乱作用(ED)を含む「非単調用量応答(NMDR)最先端科学評価」報告書草稿(178頁)(7月全米科学アカデミー(NAS)委員会評価)

 

<T34> CIR、最終評価報告書4件:Animal & Plant-Derived Amino Acids(13頁)Boron Nitride(10頁)Hypericum Perforatum-Derived Ingredients(28頁)Nitrocellulose・Collodion(12頁)

 

<T33> EU JRC、OECD有害転帰経路(AOP)開発プログラム支援用初ITツールβ版「AOP-Wiki(IE)解説(IE)

 

<T32> ナノ関連:ドイツ連邦労働安全衛生研究所(BAuA)、「障害性ナノ物質」告知第527号(27頁)、6月開催EU FP7プロジェクト基金支援EuroNanoForum 2013、プログラム・講演資料リンク(IE)・同ワークショップ講演資料リンク(IE、4頁)、NIA、「デンマーク環境保護省ナノ物質含有製品登録システム」への公開意見聴取解説(IE)

 

<T31> Cosmetic Design Asia、「南アジア初の動物実験禁止、インド」解説(IE)、「中国FDA第4番目の承認新原料(Elaeagnus Mollis Diel Oil)への意見聴取開始」解説(IE)

 

<T30> オーストラリアNICNAS既存物質多段階評価・優先順位付けプロジェクト(IMAP)、第4回(Tranche 4)結果一覧:第4回結果ヒト健康影響段階1評価(XLS)、第4回結果を含む全環境影響段階1評価(XLS)、第4回結果を含む全ヒト健康影響段階2評価(XLS)

 

<T29> カリフォルニア州Prop65法、生殖毒性物質収載Butyl Benzyl Phthalate最大許容量(MADL)最終決定告示(IE)・同MADL(1,200μg/Day、発効10月1日)

 

<T28> OECD QSARツールボックス、マニュアル2種:「急性水生生物毒性終点のデータ間隙補填に向けた化合物群化」戦略(28頁)、「遺伝毒性及び遺伝毒性・発ガン性評価のためのデータ間隙補填に向けた化合物群化」戦略(37頁)、段階的例示スライド6種:「皮膚代謝を考慮した(2E,6Z)-2,6-Nonadien-1-ol皮膚感作性予測」スライド(91頁)、「既知物質混合物の皮膚感作性予測」スライド(66頁)、「互変異性を考慮した3,4-Dinitrophenol皮膚感作性予測」スライド(57頁)、「既知物質混合物の魚類急性水生生物毒性予測」スライド(66頁)、「互変異性を考慮した4-Methyl-2-Nitroaniline魚類急性水生生物毒性予測」スライド(77頁)、「2,3-Dimethylaniline反復投与毒性予測」スライド(71頁)

 

<T27> OECD、試験評価モノグラフ(STAM)2件:「OECD試験法ガイドライン(TG)305:摂餌投与魚類蓄積性試験バリデーション報告」第191巻(79頁)、「TG 431(in vitro皮膚腐食性ヒト皮膚モデル):小分類法の統計学的性能に関する概要報告」第190巻(53頁)

 

<T26> EU健康・消費者保護総局、SCCS諮問3件:Thioglycolic AcidPhenylene Bis-DiphenyltriazineEthyl Lauroyl Arginate HCl

 

<T25> NTP科学諮問理事会(BSC)、6月末会合NTP副所長「Tox21進行状況詳細を含む全般概況」報告(19頁)

 

<T24> EU JRC、代替法バリデーション研究施設ネットワーク(EU-NETVAL)初代委員指名案内(IE)、「SEURAT-1(3月第3次総会概要・資料リンク(IE))及びTox21」初会合概要(IE)

 

<T23> ナノ関連:EU刊行物局、「EUナノ技術研究プロジェクト概要:欧州の将来挑戦課題に取り組む見えない巨人」報告書(44頁)、Nanowerk、EuroNanoForum 2013概要(IE)、NIA、「幼児用食品規則中のナノ特異的規制」解説(IE)(6月29日EU官報告示規則609/2013(22頁)

 

<T22> EHP誌7月号、「Tox21の現在まで:ヒト障害性同定の近代化に向けた道筋」論説同関連NTP部門「ヒト障害性同定の改善:Tox21の現在まで」総説(10頁)、香港市大「水道水中の医薬品:中国におけるヒト健康危険性評価と監視枠組み提案」論文(8頁)、「協働:ビスフェノール(BP)Aの研究・科学基盤規制」巻頭言、Environmental Factor誌7月号、OECD・NIEHS共催ワークショップ「ゲノミクス時代におけるヒト発ガン危険性評価への歩み」解説(IE)、優秀新環境科学者基金受領者「皮膚アレルギー救済の鍵となる可能性:遷移受容体ポテンシャル(TRP)イオンチャンネルTRPA1」解説(IE)、P&G社主幹研究員特別講演「感作性を中心とする安全性試験への統計学的アプローチ」解説(IE)

 

香粧品(化粧品・トイレタリー)科学研究開発専門誌

フレグランスジャーナル

 

トップに戻る

関連書籍

その他「Through the Web TOPICS」の一覧は、
TTWニュースのページからご覧いただけます。