Q79-R12(1301)

 印刷(PDF) 

THROUGH THE WEB UPDATE ニュース

2013.01-10

2012年12月2日~2013年1月5日分(Q79~R12)

 

以下、フレグランスジャーナル2013年2月号TTW TOPICSコラム No.50関連、一部2013年1月号No.49関連を含む

 

<R12> FDA CDER、12年度「新規・改正・廃止」ガイダンス総括リスト(4頁)

 

<R11> EPA OPPT、毒性物質管理法(TSCA)作業計画(WP)物質の危険性評価草稿初公開告知(IE)(3月4日期限意見聴取、ネイルエナメルリムーバー・マスカラ用途を含む塗膜剥離用2-メチルピロリドン(166頁)を含む5種)、環境ワーキンググループ(EWG)、同化学物質の安全性担保に広範な対処・再編を要請(IE)・EPA長官L. Jackson女史退任に向け謝意・賛辞表明(IE)

 

<R10> カリフォルニア州Prop65法、IARC 2B分類「ヒト発癌性可能性」物質の取り扱い関連告知(IE)と同対応「スチレン」収載意図再告示(IE)

 

<R09> FDA CFSAN、食品アレルゲン閾値設定に向けた情報要請(IE)(2月7日期限)

 

<R08> 医薬品査察協同スキーム(PIC/S)、昨10月委員会承認・12月公開最新改正版医薬品GMPガイド(ZIP、1.46MB)(発効本年1月1日、PE009-10、序章、付表6・7・11・13、第4章パート1(医薬品)、パート2(有効成分)の4文書構成、最終改正09年)

 

<R07> Cosmetic Design-Asia、中国SFDA「安全化粧品技術基準」改定進捗状況(IE)

 

<R06> IARC、モノグラフ第101巻「工業用・消費者製品中の特定化学物質、食品混入物、フレーバー、水道水塩素化」統合版(606頁)(<P61>参照、物質・分野別刊行)

 

<R05> ナノ関連:NIOSH、「銀ナノ粒子」に関する情報・意見聴取FR告示(期限2月19日)、Nanowerk、Environmental Scienceオンライン誌総説「製造ナノ物質の生体内蓄積:現有知識の評価」解説(IE)・Nature Nanotechnology誌ダブリン大総説「生体分子コロナはナノ物質を生物学的に規定する」解説(IE)、OECD、製造ナノ物質安全性モノグラフ「ナノ物質安全性試験に向けた試料調製および用量決定ガイダンス」第36巻(93頁)

 

<R04> EU FP7代替法統合プロジェクトAXLR8、「Horizon 2020下における次世代安全性試験の道程:2012進捗状況」報告書(288頁)

 

<R03> EU JRC ECVAM、「急性毒性試験:3T3細胞ニュートラルレッド取り込みアッセイ」勧告(38頁)・関連ESACワーキンググループ報告(65頁)・ECVAMバリデーション報告(307頁)

 

<R02> オーストラリアTGA、規格・試験法ガイダンス(GD)「Rhodiola rosea乾燥根粉末・抽出物」粉末GD(4頁)抽出物GD(3頁)

 

<R01> ECHA、REACH承認対象候補物質(超高懸念物質(SVHC))リスト(54物質追加、計138物質)更新案内(IE、4頁)、同追加候補23物質(初の呼吸器系感作性物質を含む)案内(IE)、12年度最終第6号ニュースレター(24頁)

 

<Q99> EU SCCS、昨12月本会議採択答申6件(規定意見聴取期限2月1日):Dichloromethane(33頁)、1,2,4-Trihydroxybenzene(28頁)、5-Amino-6-Chloro-o-Cresol(30頁)、2,2'-Methylenebis-4-Aminophenol HCl(30頁)、4-Amino-2-Nitrodiphenylamine-2'-Carboxylic Acid(26頁)、Basic Brown 16(28頁)、昨11月ワーキンググループ会合記録3件:第30回ヘアダイ成分、第27回ナノ物質、化粧品成分・試験法合同会合、昨12月12年度第2号ニュースレター(7頁)

 

<Q98> EU SCCS、昨12月本会議採択「化粧品成分安全性評価ガイダンス注記」第8版(137頁)

 

<Q97> IFRA、REACH香料登録用「被曝シナリオ(ES)」ガイダンス昨11月改正第2.1版(147頁)

 

<Q96> OECD、試験法ガイドライン(TG)最終段階草稿:「眼腐食性・刺激性Cytosensor Microphysiometer法」草稿(22頁)・同抄録(15頁)、「TG431:In Vitro皮膚刺激性:ヒト再構築表皮(RhE)試験」草稿(35頁)、「TG437:眼腐食性・刺激性ウシ角膜混濁・浸透性(BCOP)試験」草稿(19頁)、「TG 438:眼腐食性・刺激性単離ニワトリ眼球(ICE)試験」草稿(19頁)(2月11日期限意見聴取)

 

<Q95> EFSA、食品添加物再評価:「キャラメル(色素)」被曝量再評価(39頁)、フレーバー群評価(FGE):化合物第7群脂環式アルコールなど第12群改正3(45頁)、化合物第23・30群ベンジルアルコールなど第20群改正4(140頁)、FGE第19群α,β不飽和ケトン代表物質遺伝毒性第204群(25頁)、食品健康効能評価:リコピン・ビタミンE・ルテイン・セレン組合せによる「日焼け促進標榜」否定答申(8頁)Paullinia cupana (Guarana)・Camellia sinensis (Green Tea)混合抽出物による「スリミング効果標榜」否定答申(9頁)Vitis vinifera (Grape)抽出物による「足のむくみ防止標榜」否定答申(9頁)(他関連2件も否定)

 

<Q94> EPA、内分泌撹乱作用(ED)関連サイト中に「非単調用量応答曲線研究、低用量影響」特別サイト開設(IE)

 

<Q93> ASEAN化粧品指令、技術資料リンク(IE)全文(129頁)、昨11月付け更新分:付表II(DOC、63頁)付表IIIパート1(DOCX、75頁)付表IVパート1(DOCX、6頁)付表VI(DOCX、162頁)付表VII(DOCX、5頁)、最終更新09年12月以降更新なし:付表IIIパート2、付表V

 

<Q92> CIR、昨12月第125回専門家パネル会合記録(10頁)、暫定報告書(TR)8件:改定Alkyl Esters(83頁)改定Alkyl Ethylhexanoates(17頁)6-Hydroxyindole(19頁)改定Hypericum Perforatum-Derived Ingredients(28頁)Methyl Glucose Polyethers and Esters(36頁)Modified Terephthalate Polymers(20頁)Nylon(21頁)Talc(84頁)

 

<Q91> 米国消費者製品安全性委員会(CPSC)、「動物試験政策コード化」FR告示(4頁)・「動物試験規則改正」FR告示(6頁)

 

<Q90> ナノ関連:EPA・CPSC、「ナノ物質の健康影響」協働プロジェクト発足案内(IE)、Chemical Engineering J誌、Pegasus Technical Service社・EPA「水泳プール成分による酸化チタン基盤サンスクリーンの水酸化アルミニウム保護被覆の減少」論文(IE)、Gen Re再保険企業、「360度危険監視を要するナノ技術の取り扱い」小冊子(10頁)

 

<Q89> ECHA、REACH関連動物試験提案(10年11月第1登録分)評価・暫定決定(昨12月1日期限)の完了報告(IE)、登録書類規制遵守評価結果の昨12月13日公開開始案内(IE)

 

<Q88> EHP誌昨12月号、EPA「単純薬物動態モデルを用いるフタル酸ジ-2-エチルヘキシルの再構築用量」論文(6頁)、スペイン環境疫学研究センターほか「母体食事を介する出生前アクリル酸アミド被曝と出生時体重・頭周囲長:EU母子予測研究(NewGeneris)」論文(7頁)、カリフォルニア大バークレー校「製造化学物質の被曝密接指標:生産量・摂取比」論文(6頁)、動物取り扱い倫理団体「EPA HPVプログラムにおける動物使用と教訓」論説(9頁)、「有機食品」論説

 

<Q87> CTPA、「口紅(化粧品)は知能指数に影響しない」声明(IE)、「皮膚科学の加齢に対する役割」小冊子、科学メディアセンター(科学・健康関連報告)優良実施10基準ガイドラインに対する解説(IE)、NIEHS Environmental Factor誌「トリクロサンとアレルギー」論説(IE)(<Q61>CTPA声明原典)

 

<Q86> CE-PCA、EU議会「残酷性フリー(Cruelty-Free)の美の日」に向けた「フリー標榜製品」への批判声明

 

<Q85> FDA CDER、「OTCサンスクリーン表示および効果試験法」小企業向けガイダンス(12頁)、「管轄製品への特定フタル酸エステルの添加剤使用制限」ガイダンス(11頁)

 

<Q84> オーストラリアNICNAS既存物質加速評価プログラム(IMAP)、第1回進捗報告と1月31日期限意見聴取告知(IE)、段階1評価低懸念物質リスト(13頁)ヒト健康低懸念化学物質リスト(10頁)同ポリマーリストIMAP解説を主題とする月次報告(8頁)

 

<Q83> オーストラリアNICNAS、オーストラリア・ニュージーランド化粧品サンスクリーン改正基準(AS/NZS 2604:2012、昨5月告示)の化粧品基準2007への包含提案(23頁)と1月25日期限意見聴取告知(IE)月次活動報告(8頁)

 

<Q82> 国際石鹸洗剤工業会(AISE)、液体洗浄剤ゲルカプセル責務(Stewardship)プログラム発足案内(IE)

 

<Q81> CIR、9月専門家パネル会合承認「2013年優先評価」成分リスト(18頁)

 

<Q80> EPAA、昨9月開催「急性毒性3R(動物急性毒性試験の単独実施禁止を仮定しての農薬・化学物質分類表示への対処)」円卓会議報告書(16頁)

 

<Q79> ナノ関連:ISO第229委員会、ISO/技術規格(TS)11931「ナノ炭酸カルシウム」(IE)・11937「ナノ酸化チタン」(IE)昨12月7日付け刊行承認、オーストラリア科学アカデミー、「ナノ技術研究戦略」報告書(104頁)・同Nanowerk解説(IE)、英国SafeNano、「ナノ粒子危険性評価における将来的定量的QSARへのロードマップ(Toxicology誌掲載準備中)」解説(IE)・「ナノ酸化亜鉛の経皮吸収は極めて少ない(全豪科学工業研究機構(CISRO)のサンスクリーン実使用試験)」解説(IE)、米加法規制協働評議会(RCC)、昨11月末開催「ナノ技術主導プログラム」Webinar用スライド(46頁)

 

香粧品(化粧品・トイレタリー)科学研究開発専門誌

フレグランスジャーナル

 

トップに戻る

関連書籍

その他「Through the Web TOPICS」の一覧は、
TTWニュースのページからご覧いただけます。