M10-M39(1111)

 印刷(PDF) 

THROUGH THE WEB UPDATE ニュース

2011.11-10

2011年10月3日~2011年10月29日分(M10~M39)

 

以下、フレグランスジャーナル2011年12月号TTW TOPICSコラム No.36関連、一部11月号No.35関連を含む

 

<M39> ICCR(化粧品規制国際協働)、EU産業総局:7月第5回会合(8月掲載<L17>参照)追加公開資料リンク(IE):「化粧品中ナノ物質の使用状況:業界団体調査」報告(7頁)、「ナノ物質特性解析法の現状」業界・官庁共同特別ワーキンググループ(WG)報告(35頁)、「化粧品安全性評価原則」報告(9頁)、「化粧品中微量不純物・混入物取扱い原則」報告(10頁)、前第4回までの関連資料も含む、FDA CFSAN:同公開資料解説・リンク(IE)

 

<M38> EU 非食品SC、総合サイト再編(IE)、SCCS、毒性懸念閾値WG10月議事録、化粧品成分WG 10月議事録(4頁)

 

<M37> 米国化学理事会(ACC)、FDAに対し乳児用製品中のビスフェノール(BP)A関連特定規制の明確化・改正を要請(IE)、環境ワーキンググループ、カリフォルニア州BPA禁止「毒物フリー乳児・幼児法」発効案内(IE)(猶予期限13年7月1日)とACC要請への見解(IE)

 

<M36> ISO第217委員会、9月中旬~10月末期間のガイドライン最終草稿(FDIS)、同採決開始段階移行承認4種:11930(IE)「化粧品の抗菌性防御の評価」採決、12787(IE)「クロマトグラフ法による分析結果バリデーション基準」最終、24442(IE)「サンスクリーンUVA防御in vivo試験法」採決、24443(IE)「サンスクリーンUVA防御in vitro試験法」最終

 

<M35> OECD、試験評価モノグラフ(STAM)2種:160巻「眼刺激・腐食性BCOP・ICE法ガイダンス:病理学的評価用組織の採取と非強刺激性物質のデータ収集」報告(63頁)、161巻「化学物質のアンドロゲン性・抗アンドロゲン性検出のための安定トランスフェクト転写活性化アッセイバリデーションの専門家評価」報告(45頁)

 

<M34> COLIPA、最新ガイドライン2種:「染毛剤混合比率の表示」ガイドライン、「香料と化粧品企業間の情報交換」ガイドライン(10頁)

 

<M33> COLIPA共同EU FP反復投与毒性試験代替プロジェクトSEURAT-1、初回年度報告書(306頁)

 

<M32> カリフォルニア州Prop65法、10月発癌性物質同定委員会優先順位リスト

 

<M31> CTPA、「染毛剤中のp-フェニレンジアミン」安全性解説(IE)(Daily Mail誌安全性懸念報道対応)

 

<M30> オーストラリアNICNAS、11-12年度規制計画(45頁)(健康・老化省計画の一部、31~33頁)、10-11年度活動報告書(163頁)

 

<M29> EPA OPPT、10月21日FR告示2種:第3群HPV化学物質15種への最終試験要請告示(IE、26頁)、第4群HPV化学物質23種への試験要請と22種への重大新規使用(SNA)告知要請提案告示(IE、29頁)

 

<M28> ナノ関連:EU JRC・EUアカデミー科学諮問委員会(EASAC)、「製造ナノ物質の健康影響:利得・危険性評価への考察」報告(44頁)、NNI、ナノ技術に関する「環境・健康・安全性(EHS)研究戦略2011」報告(136頁)および09年度EHSプロジェクトリスト(12頁)、EPA、「持続可能ナノ技術に関する円滑な決定」ガイダンス(75頁)、EU委員会環境総局、「ナノ物質の定義」勧告(6頁)および質疑応答集(IE、5頁)(同勧告への反応:EU環境局(EEB)、「狭義定義への批判」声明(IE)、標準化へのEU消費者の声団体(ANEC)、「決定遅延と狭義定義への批判」声明、CEFIC、「革新に向けた実用的定義の必要性」声明(IE)、Nanowerk、初期反応解説(IE、5頁))、「ナノ物質」REACH施行プロジェクト(RIPoN)進捗報告(IE)(RIPoN1:「物質同定」報告書(76頁)、RIPoN2:「情報要請」最終報告書(356頁)、RIPoN3:「化学物質安全性評価」最終報告書(259頁)

 

<M27> NIH、「ビタミンE強化補助食品による前立腺癌危険性増加」研究解説(IE)(NIH基金支援セレン・ビタミンE癌防止試験(SELECT)プロジェクト)、「皮膚アレルギーにおける免疫細胞の2重の役割」研究解説(IE)

 

<M26> WHO・IPCS、「美白剤中の水銀」に関する小冊子(6頁)

 

<M25> EU SCCS、「デンマークにおける3歳以下小児化粧品へのパラベン配合禁止措置」に対する見解・解説(51頁)、11月11日期限意見聴取仮答申:新紫外線吸収剤(ETH-50)2,4,6-tris[1,1’-Biphenyl]-4-yl-1,3,5-Triazine(71頁)、08年答申Camphor Benzalkonium Methosulfate補遺版(5頁)

 

<M24> NTP、10月本年3号ニュースレター(7頁)(健康・翻訳局(OHAT、旧CERHR)「低濃度鉛の健康影響評価」モノグラフ草稿(196頁)関連10月14日期限意見聴取と11月専門家パネル評価会合案内を含む)、鉛関連:WHO・IPCS、「血中鉛分析法」簡易ガイド(18頁)

 

<M23> EPA NCEA、11年度版「被曝指標」ハンドブック(1466頁)

 

<M22> 米国農務省(USDA)、10年度研究用動物使用報告(10頁)(種別、州別、苦痛・薬物使用有無分類別)、EPAA、9月末開催「統合試験戦略(ITS)」ワークショップ速報

 

<M21> NSF International、全米規格協会基準(ANSI)準拠「有機成分配合パーソナルケア製品」NSF/ANSI 305基準改定案内(IE)質疑応答小冊子(EU規定有機植物成分の包含・拡充)

 

<M20> EHP誌10月号、ミシガン大「07~08年全米健康栄養調査(NHANES)における成人・幼児尿中フタル酸エステル・ビスフェノールA濃度と血中甲状腺指標との関連」論文(7頁)、ソウル国立病院「フタル酸エステルの出産前被曝と6ヶ月時の幼児発達:母子環境衛生予測研究(MOCEH)」論文(6頁)

 

<M19> EFSA、食品添加物評価:BHA再評価(49頁)、食品接触物質評価:ジメチルシロキサン誘導体(10頁)(α-dimethyl-3-(4'-hydroxy-3'-methoxyphenyl)propylsilyloxy-ω-3-dimethyl-3-(4'-hydroxy-3'-methoxyphenyl)propylsilylpolydimethylsiloxane, n=26-50)、フレーバー群評価(FGE):JECFA評価済フラン置換体など第67群改正1(77頁)、化合物8・30群脂環式2級アルコールなど第9群改正3(68頁)、化合物29群チアゾールなど第21群改正2(86頁)、化合物15・16・22・26・30群アニソール誘導体を含む脂肪族エーテルなど第23群改正3(72頁)、化合物1・2・4群アセタール類など第3群改正2(65頁)

 

<M18> OECD、「エストロゲン作動性検出のための安定トランスフェクト転写活性化in vitroアッセイ」性能基準(PS、ルシフェラーゼ基盤、5頁)基盤試験ガイドライン(TG)草稿(37頁)(意見聴取期限11月15日)、内分泌撹乱作用(ED)詳細解説第8章「EDと後成遺伝子」草稿(38頁)(意見聴取期限11月9日)、TG 405「急性眼刺激性・腐食性」改定草稿(17頁)(意見聴取期限11月21日)

 

<M17> EPA EDスクリーニングプログラム(EDSP)、「証拠の重み付け:段階2試験ニーズ同定に向けた段階1結果の評価」最終報告(47頁)

 

<M16> ECHA、運営理事会「REACH」12年業務計画(64頁)採択、物質評価周期活動計画(CoRAP、91物質)草稿(4頁)の加盟国委員会への提出、本年5号10月ニュースレター(20頁)

 

<M15> PCPC・ACI(旧SDA)、トリクロサン・トリクロカルバン配合抗菌製品使用と耐性菌発生との関連を否定する共同委託研究結果(7頁)PCPC案内(IE)、同ACIリリース(IE)、ACI、本年度「手指洗浄状況」調査報告(IE)(両親・8~17歳就学児、各約500名オンライン調査)、EU委員会健康・消費者保護総局、トリクロサン答申の消費者向け平易解説(IE)

 

<M14> COLIPA、「EU新化粧品規則」11月教育セミナー開催案内(IE)代替法サイト(IE、18頁)への第8回動物実験代替法世界大会関連情報追加

 

<M13> カナダ環境省、フタル酸エステル群(概要(IE)、CEPA第71条規定調査13年4月開始)を含む9化学物質群の評価・管理主導プログラム・計画発表(IE)、環状シリコーン(D5)評議会解説(IE)および報告書(83頁)

 

<M12> 消費者衛生製品協会(CHPA)、カリフォルニア州Prop65法10月12日発癌物質同定委員会「フッ化物」検討(提案資料(27頁))に対し発癌性否定意見書(13頁)提出

 

<M11> ナノ関連:EU委員会、SCCSへの「化粧品中ナノ物質の安全性評価ガイダンス」諮問、ドイツ研究機関団体、「作業環境中に放出されるナノ粒子エアゾールの被曝量測定と評価への段階的アプローチ」報告書(16頁)、カナダ健康省、「ナノ物質の作業定義方針」改正(IE、7頁)・経緯解説(IE)・受領意見抄録(IE、6頁)、ISO第229委員会、ISO/ TS(技術規格)11888「多層炭素ナノチューブの特性:メゾスコープ(微視・巨視中間的)形状指標」10月13日刊行承認(IE)、同11308「熱天秤分析法による単層炭素ナノチューブの特性解析」10月17日刊行承認(IE)、同12805「物質規格:ナノ対象物の特定ガイダンス」10月20日刊行承認(IE)、ナノ技術法規制報告(NTLR)、米国議会上院「ナノ技術法規制科学法2011」解説(IE)、NIA、EU議会第2次審議「消費者への食品情報提供(ナノ物質定義・表示を含む)」新規則7月採択解説(IE)

 

<M10> CIR、科学文献調査(SLR)報告3種:Amino Acids(28頁)Ammonium Hectorite(12頁)Synthetic Fluorphlgopite(6頁)、暫定報告書4種:Decyl Glucoside(34頁)Sodium Lauriminodipropionate(13頁)Alkyl Glyceryl Ether(26頁)2-Amino-4-Hydroxyethylaminoanisole(14頁)、最終報告書改定6種:Diethanolamide(29頁)Benzylalcohol・Acid・Ester(37頁)DEA(28頁)TEA(31頁)Silylates(25頁)Formaldehyde・Methyleneglycol(41頁)(非安全結論高配合縮毛矯正剤へのFDA、OSHA対応解説(IE)

 

香粧品(化粧品・トイレタリー)科学研究開発専門誌

フレグランスジャーナル

 

トップに戻る

関連書籍

その他「Through the Web TOPICS」の一覧は、
TTWニュースのページからご覧いただけます。