K41-K71(1106)

 印刷(PDF) 

THROUGH THE WEB UPDATE ニュース

2011.6-10

2011年5月1日~2011年5月28日分(K41~K71)

 

以下、フレグランスジャーナル2011年7月号TTW TOPICSコラム No.31関連、一部6月号No.30関連を含む

 

<K71> IARC、「ヒト発癌性物質(第1~99巻中分類1)の最新評価」モノグラフ第100巻「医薬品」パートA(486頁)(エストロゲン・プロゲステロン更年期治療、アリストキン酸含有植物を含む)、同第100巻「生物製剤」パートBも発行

 

<K70> EFSA、「遺伝子組換え植物由来食品の危険性評価」改定ガイダンス(37頁)、同関連「比較対照(Comparator)の選択」ガイダンス(21頁)

 

<K69> OECD、QSAR関連報告:「タンパク結合性化学物質同定のための有機化学基盤構造警告の科学・規制面における専門家評価」報告書第139巻(100頁)、10年12月「化学物質分類作成(群化)における機構情報の利用に関するワークショップ」報告書第138巻(176頁)

 

<K68> カリフォルニア州Prop65法、同法リスト収載意図告示と6月27日期限意見聴取:発癌性酸化チタン(IE)、生殖毒性α-メチルスチレン(IE)、同法収載5月3日発効告示(IE):アンドロステンジオン、マロンアルデヒドNa塩など4発癌性物質

 

<K67> 環境ワーキンググループ(EWG)、Skin Deepサンスクリーン2011報告書「被曝サンスクリーン(Sunscreen Exposed)」サイト新設(IE)、同報告書抄録(IE)、PCPCサンスクリーンタスクフォース委員長、同報告への反論声明(IE)

 

<K66> CEFIC、EU委員会環境総局委託「内分泌撹乱作用物質(EDC)評価の最新科学水準:パート1:科学水準の総括」第2次中間報告(442頁)草稿を含めた解説サイト更新(IE)

 

<K65> 米国皮膚科学協会(AAD)、サンスクリーンの安全性と有用性再確認声明(IE)

 

<K64> 米国非営利団体GreenSeal、化粧品・パーソナルケア製品「グリーン」基準GS-50概要、同チェックリスト(DOC、13頁)とGreenSeal認証開始案内(IE)

 

<K63> ACI(旧SDA)、10年1月創設「消費者への成分情報公開およびツール」の拡充発表(IE)

 

<K62> ECETOC、10年度活動報告書(20頁)(科学プログラム:ヒト組織中化学物質、室内大気、混合物、環境被曝、高感受性集団、生殖・繁殖、生物多様性、知的・統合試験戦略(ITS)、OMICS技術、危険性評価改革、疾病原因、危険・障害性と予防原則、社会科学の各テーマ下活動実績総括)

 

<K61> カナダ健康省、「化粧品中の重金属不純物」ガイダンス草稿を含む解説サイト更新(IE)

 

<K60> CIR、新規科学文献調査報告書(SLR):Ethylhexylglycerin(18頁)(アルキルグリセリンエーテル類)

 

<K59> ICCVAM、EDC試験法「BG1Luc4E2 in vitroエストロゲン受容体(ER)転写活性(TA)アッセイ(Lumi-Cell法)」独立専門家パネル評価報告(48頁)、パネル3月会合概要

 

<K58> ナノ関連:J Biological Chemistry誌、アイオワ大「カーボンブラックナノ粒子によるインフラマソーム依存性ピロトーシスの誘導」論文抄録(IE)と同Naowerk解説(IE)、NIA、ISO発行TR13121「ナノ物質危険性評価」ガイドライン解説(IE)、OECD、「製造ナノ物質の安全性に関する進捗・活動状況(3月第8回製造ナノ物質ワーキングパーティー(WPMN)会合総括)」第29巻報告書(75頁)

 

<K57> 米国議会上院、4月「安全化学物質法2011」再提案S847(182頁)、Nanotechnology Law Report解説(IE、12頁)、環境防御基金(EDF)、同法案2010年版との対比表と現行毒性物質管理法(TSCA)との対比による同法案主要点総括

 

<K56> EU健康・消費者総局、承認食品効能一覧・解説(IE、5頁)、同否定効能一覧(IE、17頁)

 

<K55> FDA CFSAN、「食品添加物申請プロセスに関する質疑応答集」06年に次ぐ本年4月更新版(IE、6頁)

 

<K54> ECHA、REACH中間体登録における不備多数へ警告(IE)、段階的登録(Phase-in)3,242物質情報5月6日付け更新リスト(XLS)公表と登録情報公開拡充予告(IE)(安全性データシート(SDS)中特定情報の包含)、「優先評価」共同体周期活動計画(CoRAP)収載物質の本年度選択基準(4頁)、「消費者の化学物質情報表示理解度調査」報告Eurobarometer 360(195頁)解説(IE)、オーストラリアNICNAS(同案内)との協働覚書締結案内(IE)

 

<K53> FDA CDER、本年1~5月ガイダンス追加・更新・廃止リスト、10年分同リスト

 

<K52> オーストラリアNICNAS、既存化学物質プログラム(10年~11年5月)活動報告小冊子、同解説(IE)

 

<K51> EU SCCS、公開答申の3月22日付け改定2件:HC Red 13(37頁)HC Yellow 13(37頁)、EU委員会SCCS答申要請4件:BenzoisothiazolinoneKojic AcidSoytrimonium Chloride4-Formyl-1-Methylquinolinium-4-Methylbenzensulfonic Acid

 

<K50> ECVAM、Archieves of Toxicology誌代替法関係者共著「化粧品試験用代替(非動物)法:現状と将来展望-2010」報告(119頁)(同関連17受領意見リンク(IE))を解説(IE)、EU委員会JRC、「同報告の主要知見」概説、COLIPA、同報告に対する声明

 

<K49> ナノ関連:Meridian Institute、J Environmental Monitoring誌論文「酸化チタン・亜鉛ナノ粒子は小麦の生育および土壌酵素に悪影響を及ぼす」解説(IE)、EFSA、初の実用的「食品・飼料連鎖におけるナノ科学・技術適用の危険性評価」ガイダンス(36頁)、フランス食品・環境・労働安全衛生局(ANSES)、「ナノ物質の特定管理・制御帯域ツールの開発」報告書(50頁)

 

<K48> EFSA、食品添加物答申:カロチン含量80%製剤を除くルテイン製剤再評価(55頁)、新申請トール油ロジングリセリンエステル(33頁)、新奇酵母βグルカン(22頁)、新奇醗酵クロマメ抽出物(20頁)農薬耐性GMダイズ(27頁)、フレーバー群評価(FGE)答申:スルフィド類など第8群改正3(131頁)環置換フェノールなど第22群改正1(89頁)4-プロペニルフェノールなど第30群改正1(41頁)tert-アルコール・同エステルなど第18群改正2(91頁)ピラジン誘導体第17群改正2(66頁)Rebaudioside A第310群(37頁)、JECFA評価済前記第17群関連ピラジン誘導体など第50群改正1(41頁)、同脂肪・芳香族エーテルなど第59群改正1(32頁)

 

<K47> EPA NCEA、外部専門家パネル評価用「環境大気中の鉛」統合科学評価(ISA)報告草稿解説・ダウンロードリンク(IE)(序章(32頁)~第7章)

 

<K46> WHO IPCS、10年度活動報告書(18頁)

 

<K45> 米国革新同盟(CHPA、PCPCなど16業界団体)、議会上院再提出「安全化学物質法2011」への賛同声明(IE)

 

<K44> オーストラリアTGA、サイト再編(IE)、「治療製品規制におけるTGA危険管理アプローチ」第2版(48頁)、相補医療規制枠組み解説(IE)

 

<K43> ECVAM、「化学物質分類表示包装(CLP)規則に基づくin vivo眼刺激性分類」定型書式(XLS)、同解説(9頁)、INVITTOX眼刺激性代替「Cytosensor Microphysiometer(CM)毒性試験」法102改定・最新操作法130(11頁)のDB-ALM収載

 

<K42> ナノ関連:EU JRC、10年4月共同ワークショップ「ナノ安全性研究結果の早期収穫」報告書(23頁)、カリフォルニア大サンフランシスコ校、「カリフォルニア州におけるナノ物質による健康危険可能性への対応勧告」報告書(76頁)、EPA、多層炭素ナノチューブに重大新規使用(SNU)規則適用FR告示(7頁)

 

<K41> EHP誌5月号、「NTP課題解決に向けた資源:健康評価・翻訳部(ヒト生殖危険性評価センター(CERHR)の改称)」論説(同関連NTP改組FR告示)、FDA毒性研究センター「1,3-ブタジエンの短期吸入被曝によるC57BL/6Jマウス肝臓の後成的変化」論文(6頁)

 

香粧品(化粧品・トイレタリー)科学研究開発専門誌

フレグランスジャーナル

 

トップに戻る

関連書籍

その他「Through the Web TOPICS」の一覧は、
TTWニュースのページからご覧いただけます。