I80-J09(1101)

 印刷(PDF) 

THROUGH THE WEB UPDATE ニュース

2011.1-11

2010年11月28日~2011年1月3日分(I80~J09)

 

以下、フレグランスジャーナル2011年2月号TTW TOPICSコラム No.26関連、一部No.25関連を含む

 

<J09> IARC/WHO、「カーボンブラック/酸化チタン/タルク」第93巻(466頁)、「特定芳香族アミン/有機色素/関連被曝(ヘアダイを含む)」第99巻(692頁)を含む計7巻のモノグラフ発行(99巻までの全巻発行完了)

 

<J08> EU委員会、REACH規則関連試験法規則440/2008の技術進歩適応改正規則告示(26頁)(12月8日付け1152/2010)(OECD眼腐食・刺激性in vitro法2種BCOPおよびICEの包含)

 

<J07> FDA CFSAN、健康補助食品cGMP:小企業遵守ガイド(IE、19頁)

 

<J06> カリフォルニア州Prop65法、フタル酸ジイソデシル生殖発生毒性最大許容量(MADL、2,200μg/Day)告示

 

<J05> オーストラリアTGA、処方箋薬公開評価(AUSPAR)「ω-3脂肪酸エチルエステル90」報告(124頁)、「Schizochytrium sp.(微細藻類)由来DHAリッチ油分」組成ガイドライン草稿(意見聴取期限6月30日)

 

<J04> EPA、透明性向上に向けた毒性物質管理法(TSCA)に基づく提出化学物質データアクセスツール新設(IE)(eDOC、TSCATS、HPVISの3種)

 

<J03> CIR、12月専門家パネル会合記録(11頁)(最終/最終改定評価:Alkyl PEG Ethers、Cocamidopropyl Betaines、Dicarboxylic Acids/Salts/Esters、Dimethiconol/Esters、Isoparaffins、Triclosan、Trimoniumus、暫定評価:Alkyl Benzoates、Caprylyl Glycol/1,2-Glycols、植物由来Fatty Acid Oils、再評価:Disperse Blue 1、Formaldehyde、MEA/DEA/TEA)、科学文献調査報告書(SLR)2種:Silylates(21頁)Acrylates Crosspolymer(28頁)、暫定報告書新規2種:Alkyl Benzoates(49頁)Oils(95頁)、評価中成分リスト5種:概要(4頁)モノエタノールアミン(9頁)ジエタノールアミン(8頁)トリエタノールアミン(9頁)Oils(更新版)

 

<J02> CEFIC 長期研究主導プログラム(LRI)、危険性評価データベース/ツール公開(IE)(ヒト健康データベース/ヒト健康モデル/環境モデルの3大分類、総計14ツール)

 

<J01> ナノ関連:ドイツ環境省環境衛生研究所、「ラットモデルにおける放射性同位元素標識ナノ酸化チタン吸入の定量的生物動態解析」報告書(35頁)、カリフォルニア州毒性物質管理局、酸化チタン、酸化亜鉛など5ナノ金属酸化物および量子ドット関連約40施設に情報要請公式書簡送付(IE、4頁)/同要請情報一覧

 

<I99> IFRA、10年10月15日付け「グリーン香料用語」に関する最終ガイダンス(11頁)

 

<I98> ECHA REACH、ガイダンス発行/更新凍結解除による5ガイダンス「情報要請・化学物質安全性評価(CSA)ガイダンス第5章:情報要請規定の適用、第8章:ヒト健康影響用量(濃度)応答の同定、第18章:廃棄段階における被曝シナリオ構築と環境放出予測、中間体ガイダンス、化学物質安全使用と危険性に関する情報伝達ガイダンス(新規、68頁)案内/リンク(IE)、米国EPAとの化学物質管理に関する協働意図声明(5頁)、10年最終6号ニュースレター(16頁)

 

<I97> オーストラリアNICNAS、「工業ナノ物質告知と新規化学物質規定」に関するガイダンス(15頁)、化粧品/化粧品成分に関する情報要請(4頁)

 

<I96> EU SCCS、in vitro皮膚刺激性試験法EpiSkinに関する声明追補(17頁)

 

<I95> EU SCCS、1月28日期限規定意見聴取対象12月本会議採択6答申公開、パラベン(34頁)ピクラミン酸/同ナトリウム(27頁)HC Red 3(51頁)HC Yellow 13(26頁)HC Red 16(24頁)ニトリロトリ酢酸三ナトリウム(34頁)、パラベン答申に関するCOLIPA見解/CTPA歓迎声明(IE)、「食品模倣、小児関心誘発特性保有消費者化学製品の健康危険性」に関する仮答申(46頁)(意見聴取期限2月11日)

 

<I94> 米国生物倫理課題研究大統領管轄委員会、「新しい方向性:合成生物学および新規技術における倫理(監視強化に向けた18勧告)」第1回報告書(192頁)

 

<I93> OECD、化学物質情報データベースeChemPortal再編(IE)、同関連ECHAリリース(IE)、「魚類試験枠組み」ガイダンス草稿リンク(IE)(1~8章、意見聴取期限1月28日)、「H295Rステロイド合成アッセイ」ガイドライン草稿第2版(24頁)(意見聴取期限1月28日)

 

<I92> EU SCCS、12月持ち回り採択ヘアダイ成分「HC Red 13」答申(36頁)(意見聴取期限1月21日)

 

<I91> EPA、ToxCastスクリーニングプログラム1,000物質評価新段階移行案内(IE)、同第1/2相対象化学物質解説(20頁)

 

<I90> ナノ関連:NNI、「ナノ技術EHS研究戦略2011」草稿(106頁)(意見聴取期限1月6日)、NIOSH、「炭素ナノチューブおよび繊維の職業的被曝」最新知見報告草稿(149頁)(意見聴取期限2月18日)、EU SCENIHR、12月本会議採択「ナノ物質定義の科学的根拠」最終答申(46頁)

 

<I89> EHP誌12月号、英国エジンバラ大「金属酸化物ナノ粒子は肺に独特の炎症性足跡を誘導する:ナノ粒子試験における重要な意味」論文(IE、14頁)、米国環境衛生センター「成人8名によるフタル酸ジエチルおよびジ-2-エチルヘキシル代謝物の尿中濃度の1週間変動観察研究」論文(IE、13頁)、米国コンピューター毒性学センター「ToxCastデータを用いた環境化学物質の内分泌撹乱作用プロファイリングと優先順位付け」論文(IE、15頁)

 

<I88> EFSA、食品添加物評価:「ポリビニルピロリドン/酢酸ビニル共重合体」答申(28頁)、幼児/離乳食ビタミンD製剤中の「アスコルビン酸ナトリウム」答申(13頁)、食品接触物質評価:「グリコール酸」答申(11頁)、フレーバー群評価(FGE):化合物34群アミノ酸類第26群(48頁)、脂肪族不飽和2級アルコール/ケトン/エステルなど第7群改正3(71頁)、フレーバー危険性評価に必要なデータガイダンスに関する公募意見総括(50頁)

 

<I87> EU Ex-ECB、QSAR関連:「急性および慢性全身毒性予測のためのQSARモデル/ソフトウェアツール」総説(35頁)、「遺伝毒性/発癌性予測ソフトウェアツールの適用性:農薬関連への応用事例研究」報告(81頁)

 

<I86> EU産業総局/ECHA、REACH第1登録期限11月30日終了リリース(約25,000ファイル受領)、高頻度質疑応答集(FAQ)(6頁)、同11月30日付け要登録物質リスト(XLS)(計4,900物質)

 

<I85> FDA CDER、「抗菌剤非劣性臨床試験」ガイダンス(7頁)、「簡略新薬申請における医薬品中不純物」ガイダンス(10頁)

 

<I84> オーストラリアNICNAS、「多化学物質感受性」最終報告書(103頁)、同意見聴取後改正点総括(5頁)

 

<I83> NTP、1月技術報告書(TR)評価委員会用草稿公開、「レチノイン酸/パルミチン酸レチノール」TR568(401頁)、「カバカバ(Kava Kava)抽出物」TR571(216頁)、「センナ」GMM15(142頁)、「α,β-ツヨン(ニガヨモギ)」TR-570(290頁)、「スチレン/アクリロニトリル3量体」TR-573(184頁)、「メチル-trans-スチリルケトン」TR-572(212頁)

 

<I82> EU FP7プロジェクトAXLR8(毒性経路基盤パラダイムシフトに向けた協働プログラム)、10年度進捗報告書(298頁)

 

<I81> EPAA、2011~2015年活動計画(4頁)、11月30日年次総会「動物実験削減Rと改良R:科学と動物愛護の結合卓越性」ワークショップ講演プログラム/リンク(IE)、同結論/勧告総括報告(12頁)、本年度活動報告書(12頁)

 

<I80> ナノ関連:EU FPプロジェクトNanoSafe2、11月2010総会口頭発表一覧/リンク(IE、4頁)、同総括/結論(4頁)、OECD、製造ナノ物質安全性シリーズ「製造ナノ物質後援プログラム第1相:物質/終点リスト改定」第27巻(16頁)、「実験室におけるナノ物質被曝関連ガイドライン総括と比較」第28巻(81頁)

 

香粧品(化粧品・トイレタリー)科学研究開発専門誌

フレグランスジャーナル

 

トップに戻る

関連書籍

その他「Through the Web TOPICS」の一覧は、
TTWニュースのページからご覧いただけます。