H77-I11(1010)

 印刷(PDF) 

THROUGH THE WEB UPDATE ニュース

2010.10-12

2010年8月29日~2010年10月3日分(H77~I11)

 

以下、フレグランスジャーナル2010年11月号TTW TOPICSコラム No.23関連。

 

<I11> EFSA、「ビスフェノールA(BPA)の神経発生毒性(StumpらによるSDラット摂餌投与試験Biel迷路データの統計学的再解析報告書(67頁))、最新毒性報告の評価とデンマーク危険性評価への勧告」答申(116頁)

 

<I10> 環境ワーキンググループ(EWG)、「米国サンスクリーンのUVA防御は落第点」報告(IE、6頁)

 

<I09> EFFA、EUフレーバー規則概要/関連資料リンク(IE)更新、同ガイダンス第1改正案内および改正ガイダンス(26頁)(9月3日付け)

 

<I08> ECHA、REACH/CLP関連案内:撤回案内済み実用ガイド11(結晶形の異なる無機化合物取扱いなど)代替を含む新統合「物質同定ガイダンス」11年発行計画(IE)、9月末「REACH下非(動物)試験の不確実性への対処」専門家ワークショップ講演資料リンク(IE)、水酸化炭酸アルミニウム/マグネシウム/亜鉛CLP分類表示付表Ⅳ調和提案書(17頁)(11月15日期限意見聴取)

 

<I07> PCPC、新「化粧品安定性試験ガイドライン」草稿(入手は指定アドレスへの要請リンクより)への11月15日期限意見聴取告知(IE)

 

<I06> EU SCCS、6月末本会議議事録(11頁)、同会議採択ヘアダイ成分5種(4-ニトロフェニルアミノエチル尿素(49頁)二塩酸/硫酸2,4-ジアミノフェノキシエタノール(29頁)2,7-ナフタレンジオール(24頁)1,5-ナフタレンジオール(23頁)HC Yellow 7(25頁))仮答申と10月29日期限規定意見聴取告知(IE)、9月本年第2号ニュースレター(11頁)

 

<I05> ナノ関連:EU NPO研究メディアセンター(Youris.com)、「化粧品中ナノ粒子(酸化チタン/亜鉛)は毒性物質となる可能性があるか?」論説(IE)、NIH/FDA、「ナノ粒子、眼刺激性を含む法規制科学4研究プロジェクトに3年間940万ドル基金提供」案内(IE)、EU FP7プロジェクトNanoCode、「ナノ科学/技術の責任開発に向けた実施基準、自主方策、実践に関する統合解説」報告書(49頁)

 

<I04> EPA IRIS、外部専門家パネル評価/官庁間調整用「尿素」毒性概要草稿(103頁)

 

<I03> EU議会、「科学・研究目的に使用する動物保護」に関する指令の20数年振りの改正を採択(IE)(13年1月発効、今秋最終版告示)

 

<I02> RIFM、「香料業界への最終的理解の獲得(Big Journalism記事(IE)引用)」声明(IE)

 

<I01> EPA OPPT、環境デザインプログラム(DfE)香料基準7月付け第2版(39頁)

 

<H99> NIH、第2回隔年度(08/09年)長官報告書サイト(IE)

 

<H98> EPA、環境化学物質水生環境要因解析/診断決定情報システム(CADDIS)サイト新設(IE)

 

<H97> ナノ関連:カナダケベック州Robert-Sauvé研究所(IRSST)第2回(初回06年)「製造ナノ物質:労働環境安全/危険性に関する現知見と防止策」報告書(153頁)、OECD、ナノ物質安全性シリーズ「製造ナノ物質安全性に関する現状/活動(本年7月第7回製造ナノ物質ワーキンググループ(WPMN)会合まとめ)」第26巻報告書(86頁)、ISO第229委員会、ISO/TS80004-1「ナノ技術用語集パート1:コア用語」刊行段階移行(IE)(9月24日付け)、ナノ技術法規制報告(NLR)、カリフォルニア州ナノ金属酸化物/量子ドットをデータ要請対象に(IE)、EPA、単/多層炭素ナノチューブ重大新規使用規則(SNUR)最終規制9月17日FR告示(10頁)、EU産業総局、RPA/Milieu社委託「適用ナノ物質/同安全性に関する業界からの情報」プロジェクト「ナノ物質EU報告システム提案(REACH)」最終報告書(DOC、86頁)

 

<H96> 米国自然製品協会(NPA)、家庭用品分野における初の成分認証案内(IE)

 

<H95> EU FP感作性代替法プロジェクトSens-it-iv、9月第42号ニュースレター(10頁)(最終総会に向けた未完了副次的研究成果の解説)

 

<H94> EU健康・消費者総局、09年度公衆衛生および危険性評価局主要実績報告書(52頁)

 

<H93> EU委員会、議会・閣僚理事会宛08年度動物実験状況および代替法開発状況報告書(14頁)

 

<H92> カナダ健康省、化粧品広告宣伝表示基準改正中間報告(18頁)

 

<H91> カナダ環境省、既存化学物質バッチ9(臭素酸カリウム(18頁)を含む17物質)スクリーニング評価報告書/管理計画提案概要・リンク(IE)

 

<H90> ICCVAM、眼刺激性代替法関連省庁への勧告および関連資料リンク(IE)(試験法評価報告書:局所/全身麻酔の日常的使用、疼痛回避のための人道的終点、Cytosensor Microphysiometer(CM)法、試験戦略改善、小容量ウサギ試験の回避)、同9月17日FR告示

 

<H89> ナノ関連:EU閣僚理事会(会長国ベルギー会期)、ナノ物質管理/情報ツール開発会議概要(IE)(追跡可能を受容の前提)/同REACH・消費者製品表示法改正意図(IE)、Nanowerk情報:ノースカロライナ州立大Nature Nanotechnology誌論文「生物系におけるナノ粒子特性の指標(相互作用の予測)」紹介(IE)

 

<H88> EFSA、フレーバー群評価(FGE):フラボナンなどフラボノイド類第32群(61頁)、JECFA評価済脂肪族非環式ジ/トリオールなど第92群(42頁)2-メトキシ-4-プロペニルフェニルブチル酪酸第30群(36頁)、食品添加物:クルクミン再評価(46頁)

 

<H87> OECD、内分泌撹乱作用試験「アンドロゲン投与男性化雌Stickleback(トゲウオ)スクリーニングアッセイ(AFSS)法」ガイダンス草稿(24頁)(意見聴取期限11月1日)

 

<H86> EU Ex-ECB、「生殖発生毒性予測用QSARモデルおよびソフトウェアツール」総説(32頁)、「微生物およびヒト代謝in silicoモデル:抗真菌剤Carbendazim事例研究」報告書(39頁)、代謝情報入力システム(METIS ver.1.0)インストール/使用ガイダンス(70頁)

 

<H85> CEFIC、動物愛護NGOとの会合リリース(IE)

 

<H84> EU委員会、SCHER「飲料水中のフッ化物およびフッ素化剤の障害性プロフィール、健康影響、ヒト被曝に関する全新証拠の批判的総説」仮答申(55頁)に対する意見聴取告示(IE)(再聴取、延長期限9月22日)、3SCへの「危険性評価における新たな挑戦課題」答申要請(期限11年12月)

 

H83 ECVAM、ESAC再編状況報告

 

<H82> タイナノ技術研究所、Particle & Fibre Toxicology誌掲載「抗菌繊維製品からの人工汗中への銀ナノ粒子溶出の定量」論文(IE、11頁)

 

<H81> EHP誌9月号、酪農学園大(北海道)「BPA抱合体の胎盤通過とラット胎児におけるその後の再活性化」論文(8頁)、ブエノスアイレス大「成人ラットにおける多嚢胞卵巣症候群に類似したBPAラット胎児被曝と生殖および内分泌変化」論文(6頁)、ロチェスター大「環境濃度のBPAは男性の生殖能力に影響するか?」論文(6頁)、スペインMiguel Hernández de Elche大「妊娠中のBPA被曝は母体および成人男子のグルコース恒常性維持を撹乱する」論文(8頁)、九州大「ビスフェノールAFはエストロゲン受容体(ER)αのフル作動性であるが、ERβには高度特異的拮抗性である」論文(6頁)

 

<H80> ECHA、REACH超高懸念物質(SVHC)候補11種告示(メトキシ/エトキシエタノールを含む、10月14日期限意見聴取) 

 

<H79> FDA CDER、OTC薬表示内容理解試験に関する最終ガイダンス(13頁)、ICH Q4B一般試験法ガイダンス:11項キャピラリー電気泳動法(7頁)、12項分析篩法(6頁)

 

<H78> CIR、8月30/31日第116回会合記録(6頁)と一部報告書(最終評価:Methyl Acetate/Acetic Acid群、Stearyl Heptanoate群、暫定評価Dicarboxylic Acids Esters群暫定報告書(127頁)、Dimethiconol群暫定報告書(39頁)、Isoparaffin群暫定報告書(45頁)、Triclosan暫定報告書(47頁)、暫定改正評価、Cocamidopropyl Betaine群暫定報告書(63頁)、Alkyl PEG Ether群暫定改正報告書(105頁)、Trimonium群暫定改正報告書更新版(58頁)、データ不足評価:Alkyl Benzoates群、Caprylyl Glycol群、植物由来食用油群など)、同会合採択11年優先評価成分リスト最終版

 

<H77> ナノ関連:EU内政総局科学技術選択肢評価(STOA)、EU議会審議用スイス作成「食品分野におけるナノ技術」報告書英訳版(175頁)、ドイツ連邦危険性評価研究所(BfR)、「食品および消費者製品へのナノ物質使用に関する専門家調査」DELPHI調査報告書(169頁)、「ナノ技術の認知-インターネット基盤討議」報告書(141頁)、「ナノ技術危険性の認知:メディア網羅度解析」報告書(182頁)

 

香粧品(化粧品・トイレタリー)科学研究開発専門誌

フレグランスジャーナル

 

トップに戻る

関連書籍

その他「Through the Web TOPICS」の一覧は、
TTWニュースのページからご覧いただけます。