G52-G83(1006)

 印刷(PDF) 

THROUGH THE WEB UPDATE ニュース

2010.6-10

2010年5月2日~2010年5月29日分(G52~G83)

 

以下、フレグランスジャーナル2010年7月号TTW TOPICSコラム No.19関連、一部No.18関連を含む。

 

<G83> OECD、QSARツールボックスへの基盤情報提供機関(データベース)一覧/関連リンク(IE)公開

 

<G82> 欧州化粧品原料協会(EFfCI)、化粧品指令第7次改正動物実験禁止関連条項への実用ガイド(4頁)(COLIPAと共同作成)(参考:EFfCI昨年8月同関連声明

 

<G81> 環境ワーキンググループ(EWG)、本年度サンスクリーン報告書概要(IE)/FDA・NTP長官宛「サンスクリーン中ビタミンA安全性迅速評価要請書簡(13頁)、PCPC、科学担当部長見解/反論(IE)

 

<G80> カナダ健康省、新設2サイト:化粧品GMP(IE)(ISOガイドライン22716適用推奨を含む解説)、化粧品副作用報告要請(IE)

 

<G79> EU委員会、SCCSへの答申要請追加4成分:紫外線吸収剤(ビス(安息香酸ブチル)ジアミノトリアジンアミノプロピルトリシロキサン)、防腐剤(2-クロロアセタミド)、その他成分(加水分解コムギタンパク、ピーナッツ油

 

<G78> CIR、6月末第115回専門家パネル会合用資料リンク(IE)(新規Salicylic Acid、Benzyl Alcohol/Acid、Sodium Benzoateと継続検討約10成分/群)、11年優先検討成分リスト草稿(IE)(Citric Acid/Xanthum Gum/Nylon-12/Chlorophenesin/Hydrolyzed Wheat Proteinなど22成分、7月27日期限意見聴取)

 

<G77> 英国連立政権、政策報告書(36頁)にて「家庭用品動物試験禁止(全科学分野で削減を含む)」に言及、英国動物愛護団体(BUAV)、歓迎声明(IE)

 

<G76> EU FP代替法プロジェクトPredict-IV、第2年度進捗状況報告書(7頁)、同成果中間報告書(7頁)(Merck社主管、新薬毒性プロファイリング:非動物(ヒト/ラット肝細胞系)基盤毒性/生体動態統合アプローチ)

 

<G75> EU統一有機/自然化粧品基準COSMOS、国際非営利協会「COSMOS-standard AISBL」設立案内(5月4日ブラッセルにて承認、ドイツBDIH/フランスCOSMEBIO/同ECOCERT/イタリアICEA/英国SOIL協会の5創設会員と初代役員紹介)

 

<G74> FDA、「透明性タスクフォース」情報公開方針草稿(67頁)への7月20日期限意見聴取FR告示(IE)

 

<G73> REACH関連:ECHA、データ共有関連サイト新設(IE)(同サイトサイドバーより情報所有者/共有要請後紛争/情報交換フォーラム(SIEF)内紛争の3分類解説)、EU委員会環境総局、REACH施行サイト新設(IE)と「加盟国におけるREACH適用罰則」最終報告書(81頁)公開

 

<G72> EU Ex-ECB、QSAR関連「細胞基盤アッセイにおける毒性モデル化に向けた生物学基盤動的アプローチ:パートⅠ運命モデル」報告書(39頁)、「生物動態予測のためのQSARモデルおよびソフトウェアツールの総説」報告書(71頁)

 

<G71> EU健康/消費者保護総局、3月合成生物学(Synthetic Biology)ワークショップ講演リンク(IE)(25講演、SCENIHR見解(14頁)など)

 

<G70> EPA TSCA下活動強化プログラム、TSCAデータベース(Envirofacts(IE)強化案内(IE)(6,300化学物質/3,800企業情報を初公開)、安全性試験関連特定物質への企業秘要請審査強化方針(8月25日より開始)FR告示(4頁)

 

<G69> 炭素ナノ物質安全コンソーシアム(NCC)、in vivo毒性文献集(IE、4頁)

 

<G68> ISO第217(化粧品)委員会、ガイドライン24444「太陽光防御試験法:in vivo SPF測定法」刊行準備段階(IE)(5月7日付け)、29621「微生物ガイドライン:微生物低危険性製品の危険性評価と同定」刊行準備段階(IE)(5月5日付け)、16217「SPF試験法:耐水性」草稿作成段階(IE)(4月6日付け)

 

<G67> PCPC、「カリフォルニア州化粧品安全性法」への見解/最新状況解説(IE)、安全化粧品キャンペーン(CSC)/EWG「セクシーではない:香料中秘密成分の健康危険性」報告書(44頁)への科学担当部長声明(IE)/同声明を含む香料業界反論へのRIFM支援声明(IE)

 

<G66> EU委員会、閣僚理事会承認「動物実験関連新規則」提案(IE)、ECVAM、新試験法提案第1段階予備申請を電子化(IE)、ICCVAM/NICEATM、感作性代替LLNA法関連勧告への各省庁回答公開FR告示、NTP、SACATM 6月開催FR告示

 

<G65> EFSA、食品添加物:リソールルビン再評価答申(26頁)、「共役リノレン酸リッチ油1」答申(43頁)、「同リッチ油2」答申(41頁)、第31化合物群脂肪/芳香族炭化水素などフレーバー群評価第25群改正1答申(111頁)、同JECFA評価脂肪族アミン/アミド群追加分第94群答申(26頁)、委託研究報告書「経皮吸収ガイダンス改定提案(75頁)」、「データ収集活動評価と将来方向性」報告書(35頁)

 

<G64> EFSA、食品健康効能評価:第13条「一般機能」関連進捗状況更新(IE)、統合文献報告書:ID0001~1000パートⅠ(878頁)、ID1001~2000パートⅡ(555頁)、ID2001~3000パートⅢ(247頁)、ID3001~4260パートⅣ(503頁)、「クロフサスグリ(Black Currant)種子油/魚油/リコピン/ビタミンC/ビタミンEとドライスキン改善効能」否定答申(13頁)

 

<G63> EPA IRIS、文献調査報告書4種追加(IE)(フタル酸ジイソブチル、ジイソノニル、ジペンチルを含む)

 

<G62> SDA、FDA消費者向け「トリクロサン」解説への反論声明(IE)

 

<G61> REACH関連:ECHA、化学物質安全性評価(CSA)/報告(CSR)ガイダンス中被曝量評価関連(第14章:職業的被曝/第16章:環境被曝予測/被曝シナリオ書式:パートD・F)更新/リンク案内、同CSA/CSR作成ITツールChesar 1.0(独立IUCLID 5.2プラグインツール)案内、「統一分類・表示(CLP)関連書類作成」ガイダンス更新版(34頁)、REACH-ITデータ提出マニュアル第15章「ECHAサイトを介する登録書類情報公開に関する決定」マニュアル(24頁)

 

<G60> ECETOC、「環境危険性評価における結合残渣の意味」09年10月ワークショップ第17巻報告書解説/ダウンロードリンク(IE)、09年度総括報告書/ダウンロードリンク(IE)(ダウンロードには簡易登録要)、毒性懸念閾値(TTC)概説更新版(DOC、9頁)

 

<G59> FDA CDER、半年期規制計画(IE)(健康福祉省HHS/FDA、規制段階別リスト中OTCモノグラフ関連:TEA申請サンスクリーン紫外線吸収剤提案7月/UVA・UVB最終規制10月/有効性規制提案10月、局所抗菌剤提案11年3月以外の食品取り扱い者用/プロ用/試験法提案、口腔(歯石/歯肉)ケア提案、美白剤ヒドロキノン最終化、おむつかぶれなど皮膚保護剤提案は全て未定)、ICH品質関連ガイダンスQ8/9/10質疑応答集(16頁)

 

<G58> オーストラリアTGA、OTC薬規制ガイドライン(ARGOM)「第10章サンスクリーン」改正提案(32頁)、同6月18日期限意見聴取解説(IE)(参考:03年制定現行基準(15頁)

 

<G57> EU SCENIHR、「殺菌剤の微生物耐性に関する知識間隙対応研究戦略」答申(34頁)

 

<G56> Nanowerk情報、EU議会:「ナノ技術食品新規承認/規制プロセス採択」解説(IE)、EPA農薬プログラム対話委員会:政策担当主幹「農薬とナノ技術」講演(29頁)(ナノ粒子作業定義、銀ナノ粒子規制提案6月予定)、米国議会調査サービス:「ナノ技術政策入門」報告(15頁)、Chemosphere誌:アリゾナ州立大論文「単純化淡水食物連鎖系におけるミジンコ(Daphnia)からゼブラフィッシュへの酸化チタンナノ粒子の栄養移行」論文抄録(IE)

 

<G55> OECD、製造ナノ物質安全性報告書3種:「09~12年製造ナノ物質安全性プログラム:作業計画/プロジェクト」第22巻(45頁)、「製造ナノ物質法規制枠組みアンケート調査」報告書(55頁)、「法規制背景下の製造ナノ物質危険性評価ワークショップ報告」第21巻(113頁)

 

<G54> EU健康/消費者保護研究所、4月CASG-Nano/ENPRA共催ワークショップ「ナノ安全性研究初期結果」講演リンク集(関連プロジェクト総括/測定・特性把握/被曝量測定・評価/ヒト毒性/環境毒性・運命/REACH危険性評価分科会、約30講演、カロリンスカ研究所「金属酸化物(Cu/Zn)のサイズ依存的毒性」講演(11頁)など)

 

<G53> EHP誌5月号、ジョンズホプキンス大ブルムバーグ公衆衛生学部「初代培養小神経膠細胞(ミクログリア)によるシリカ基盤ナノ粒子の取り込みと細胞応答」論文(7頁)、全米環境衛生センター(NCEA)「尿中4種パラベン濃度:05/06年度全米健康・栄養調査(NHANES)」論文(7頁)、動物取り扱い倫理協会「ICCVAM活動不十分」指摘/ICCVAM反論

 

<G52> IARC、モノグラフPDF版一覧更新(IE)(既発行3巻(07年第91巻エストロゲン関連、08年第97巻ハロゲン化ビニル/酸化エチレン、10年第92巻複素環式多環芳香族炭化水素)を含む第99巻までの発行予定/Lancet Oncology抄録、今秋発行予定第93巻酸化チタン/カーボンブラック/タルク、第99巻芳香族アミン/化粧品色素)

 

香粧品(化粧品・トイレタリー)科学研究開発専門誌

フレグランスジャーナル

 

トップに戻る

関連書籍

その他「Through the Web TOPICS」の一覧は、
TTWニュースのページからご覧いただけます。