C72-D03(0907)

 印刷(PDF) 

THROUGH THE WEB UPDATE ニュース

2009.07-10

2009年5月31日~2009年6月27日分(C72~D03)

 

以下、フレグランスジャーナル2009年8月号TTW TOPICSコラム No.8関連(一部No.7関連を含む)

 

<D03> EPA OPPT、一部ナノ物質(メチルフェニル修飾カーボンブラック、単/多層炭素ナノチューブ、アクリル酸アルキル修飾混合金属酸化物など)を含む23物質(ショウガ(Zingiber purpureum)油、アルキルアミン、修飾スチレン/ジビニルベンゼン重合体、修飾メタクリル酸メチル/ヒドロキシメチル重合体、4級アンモニウム塩シリカ反応物など)に「重大な新規使用規則」(SNUR)に基づくTSCA上市前告知(PMN)要請(直接最終規制、8月24日発効)6月24日FR告示(17頁)

 

<D02> EU 旧SC(SCCP、SCENIHR、CHEHR)、2004~2009年最終活動報告書(14頁)

 

<D01> FDA CFSAN、公認健康効能「ビタミンC、Eと一部特定部位癌防止効果」承認書簡(IE、59頁)、同「セレンと一部特定部位癌防止効果」承認書簡(IE、66頁)

 

<C99> ECVAM、ESAC声明In vitro皮膚腐食性試験法(ヒト表皮再構築モデルEST-1000)科学的妥当性検証」

 

<C98> EPA、ノニルフェノール/同酸化エチレン付加物の水生生物および堆積物への毒性試験要請規制提案6月17日FR先行告示(ANPR)(9頁)

 

<C97> OECD、試験ガイドライン417「毒物動態」支援ガイダンス改正草稿(19頁)と8月20日期限意見聴取

 

<C96> EU委員会、酸化チタンに関するSCCSへの答申要請(ナノ酸化チタン安全性評価と規制時のナノ/非ナノ区分)、同新紫外線吸収剤FAT75’808(1,1’-(1,4-piperazinediyl)bis[1-[2-4-(diethylamino)-2-hydroxybenzoyl]phenyl]-methanone)

 

<C95> EU産業総局、3成分(Verbena、Allyl Phenethyl Ether、Terpene Terpenoids Sinpine)関連配合制限リスト付表Ⅲ(関連付表Ⅱを含む)改正意図告示と7月31日期限意見聴取

 

<C94> ECHA、ガイダンスサイト刷新案内(ガイダンス、簡略(In a nutshell)ガイダンス、ファクトシート、意見聴取の4分類とファクトシート多数公開)、REACH付表Ⅴ(登録除外物質)ガイダンス草稿(42頁)、情報要請および化学物質安全性評価ガイダンス中第12章(被曝シナリオ関連使用記述子)改定草稿(34頁)、同2分野における今後のガイダンス検討予定一覧表(IE)、簡略「登録データおよび書類取り扱い」ガイダンス(25頁)、同「製品(Article)中化学物質への要請」ガイダンス(16頁)

 

<C93> EU感作性代替Sens-it-ivプロジェクトニュースレター第29号(6頁)(表皮同等物(人工皮膚)を用いる研究進行状況解説)

 

<C92> 欧米消費者対話(Trans Atlantic Consumer Dialogue)、6月10日ナノ技術会議16講演資料リンク(IE)(COLIPA講演(PPT、8頁)を含む化粧品/消費者製品、食品状況、課題提起など)

 

<C91> カナダ環境省、環状シリコーン(D4)スクリーニング評価最終報告(90頁)、D5スクリーニング評価最終報告(97頁)D4/D5危険管理方策提案(17頁)

 

<C90> 米国自然製品協会(NPA)、栄養補助(健康)食品状況解説(IE、4頁)

 

<C89> 米国内分泌学会、「内分泌撹乱作用物質」科学声明(56頁)、EWG、同声明引用およびビスフェノールA問題提起(IE)、「参考:2008年9月NTP CERHR「ビスフェノールA」モノグラフ(321頁)

 

<C88> EU委員会、殺生物製品(Biocidal Products)指令の再編成、規則化、強化提案(192頁)

 

<C87> REACH、ECHA、最初の登録期限に向けたSIEF早期形成への注意喚起(IE)、CEFIC、同注意喚起とSIEF形成関連ガイダンス/ツールのまとめとダウンロードリンク(IE)

 

<C86> EPAA、2008年総会「代替法研究:正しい道筋か?」最終報告書(12頁)、EFSA、「食品危険性評価における代替3R既存アプローチの適用性」答申(77頁)、EU FP6 OSIRIS(工業化学製品危険性評価最適戦略/REACH)プロジェクトニュース第3号(14頁)

 

<C85> オーストラリア/米国環境団体「地球の友(FoE)」、「ナノおよび殺菌性銀:強力殺菌剤の公衆衛生への高まる脅威」報告書(48頁)、EU FP7 FramingNanoプロジェクト、ニュースレター3号(IE、5頁)(2月ナノ技術関係者ワークショップ報告、予備アンケート調査まとめ)、同ObservatoryNANOプロジェクト、初年度報告書目次(IE)(化粧品ナノ技術状況報告書(13頁)

 

<C84> EU有機認証6団体化粧品ワーキンググループ、有機/自然化粧品統一基準COSMOS最終版(23頁)、同リリース(9月より認証開始計画)

 

<C83> EHP誌6月号、「環境中濃度ビスフェノールAのマウス出産前投与は生涯後期において雌生殖管に悪影響を及ぼす」NIEHS論文(7頁)、同論説、「エストロゲン誘導細胞増殖期におけるヒストンタンパク発現の増加」英国インペリアル大論文(7頁)

 

<C82> EFSA、食品添加物答申、Aspergillus niger由来グルコサミン塩酸塩(19頁)カプリル酸Ca/Mg(20頁)ケイ酸カルシウム/二酸化ケイ素・無水ケイ酸ゲル(24頁)ピコリン酸クロム/亜鉛(41頁)、食品接触物質答申、ベンゾフェノン(30頁)

 

<C81> カリフォルニア州Prop65法、発癌性物質同定委員会審議抄録(IE)(38候補物質中9物質を高優先度、ジエタノールアミン、ヒドロキノンは中度、トリエタノールアミン、トリクロサンは低度に分類)、同委員会口述筆記記録(166頁)、労働法に基づく収載物質候補告示と意見公募、スチレン/酢酸ビニルを含む11発癌性物質(IE)、酸化エチレン/2-エチルヘキサン酸を含む21生殖発生毒性物質(IE)

 

<C80> 第2回国際化学物質管理会議(ICCM)、国際化学物質管理への戦略的アプローチ(SAICM)に関する進捗と次段階(IE)、WHO環境/公衆衛生長官声明

 

<C79> EU SCCS、第1回(4月21日)化粧品原料ワーキンググループ会合記録(4頁)、第2回(4月28日)本会議記録(6頁)

 

<C78> ECHA、REACH付表14収載超高懸念7物質に厳重な管理を警告(参考:5月末開催加盟国委員会(MSC)意見/勧告草稿(36頁)

 

<C77> EU Ex-ECB、げっ歯類in vivo小核試験における構造警告(Structural Alert)QSARツール(ToxMic)開発報告書(42頁)、QSARツールToxTreeへの追加ToxMicプログラムマニュアル(34頁)

 

<C76> COLIPA、2008年度活動報告書(36頁)、CTPA、2008年度活動報告目次/ダウンロードリンク(IE)活動概要(6頁)

 

<C75> カナダ健康省、化粧品成分表示ガイド最新版(22頁)

 

<C74> オーストラリアTGA、医薬品品質危険性管理(QRA)講演資料(27頁)

 

<C73> ICCVAM、感作性LLNA法第2回独立専門家パネル評価報告書(136頁)

 

<C72> オーストラリアナノ技術局、Monash大学「ナノ技術の社会経済的影響」文献調査報告書(106頁)(改革/産業/科学/研究省委託研究)、スイス拠点国際危険統治理事会(IRGC)、「食品および化粧品分野ナノ技術応用における適切な危険統治戦略」報告書(44頁)

 

香粧品(化粧品・トイレタリー)科学研究開発専門誌

フレグランスジャーナル

 

トップに戻る

関連書籍

その他「Through the Web TOPICS」の一覧は、
TTWニュースのページからご覧いただけます。