第57回「沈香の考現学入門~沈香の香り転換期か~」(2015.09.28)

第57回 図書セミ「沈香の考現学入門~沈香の香り転換期か~」(2015.09.28)

講師:鳥毛逸平 先生(日本香堂) 

 講師写真
 世界の香りの原点と言っては言い過ぎであれば、少なくとも日本の香文化に於ける最重要香料と言える沈香が、近年様々な理由から良質品入手が非常に難しくなってきました。中国香文化の再構築や中東世界の変化などの影響です。そうした時期であるからこそ、日常使用原料として取り扱う仕事柄、私なりに改めて沈香についての考現学的な視点で歴史の流れを追いつつ、現在の状況をお伝えしたいと感じています。もしかすれば「今」は沈香の香りについては大きな転換点かもしれないと考えているからです。特にこれから主流になっていくであろうボルネオ産沈香の香り等、時間が許す限り実際の沈香の香りをご一緒に楽しみながら、「沈香の香りの今とこれから」について考えるひと時としたいです。

●略 歴●

1987年 (株)日本香堂に入社。
営業、企画部門を経て1993年より研究室長。
2011年4月より取締役 R&D事業本部本部長。

 

 

セミナー・イベントトップへ