第20回「セラピストの手指の触り方一つで決まる…」(2012.8.27)

第20回 クレアボーセミナー(2012.8.27
セラピストの手指の触り方一つで決まるマッサージの効果
解剖生理学、神経系の理解に基づいたマッサージの真髄」

講師:松本 正毅

  • 第1部「身体の仕組みとその働き」
  • 第2部「マッサージ技術の組み立てに役立つカウンセリングポイント」
  • 第3部「マッサージ実技の正しい基本(デモンストレーション)」

    講演レポート
    講義風景

     小社より5月に『セラピストのためのマッサージの基本』を刊行した、一般社団法人日本全身美容協会理事長の松本正毅氏による出版記念講演。同書の中から、特に「解剖生理学、神経系の理解に基づいたマッサージの神髄」というテーマに焦点を絞って行なわれた。
     第1部では、身体の動作の仕組みを理解するために、骨と筋肉、神経の働き、各感覚器の役割、脳の構造と働き、身体を維持する恒常性の働き、呼吸・血液・リンパの役割などについて解説された。
     続く第2部では、正しい姿勢のチェック方法、5つの体型の特徴などを、マッサージの組み立てに役立つカウンセリングのポイントとして紹介。第3部では、手のストレッチと感覚の訓練、ポジショニング、触り方、リズムなどマッサージの正しい基本がレクチャーされた。とりわけ日本全身美容協会の講師によるモデルを使ったデモンストレーションでは、真剣に聞き入る受講者の姿が見られた。