第21回「香りと色の相性の心理─その感性を心理的側面から見る」

第21回「香りと色の相性の心理─その感性を心理的側面から見る(2009.8.28)
講師:齋藤美穂 先生 早稲田大学人間科学学術院教授、博士(人間科学)

 これまで、香りと色彩を組み合わせることによってもたらされる心理的イメージの変化や気分の変化、脳波などの生理的変化を分析するといった研究を続けてきましたが、それらの研究結果から、香りと色の相性の良さが、心理的にも生理的にも相乗的な効果を生み出すことが確認できました。
さらにそのような組合せを用いることによって、これまで分類することが困難であった多くの香りを、心理的側面から分類することに着手し、データベース化を試みています。セミナーでは「香り」と「色彩」という嗅覚と視覚に関連した二つの別々な感覚が結びつくことによって生み出される感性研究の広がりとその可能性に関してお話をしたいと思います。(専門領域:色彩情報論、デザイン心理学、デザイン・色彩心理研究法)