第15回「森からの賜りもの─森林環境がもたらす癒しの効果について」

第15回「森からの賜りもの─森林環境がもたらす癒しの効果について」(2008.8.29)
講師:本間請子/科学技術振興機構 東京本部 産業医

 森の中には様々な生き物が生きています。香り、色彩、光、風の音、鳥の鳴き声、せせらぎの音、清浄な空気、静けさ、還元マイナスイオン、霊気を森林内では全身に享受することができるのです。太古の昔から変わらないこの森からの賜りものを出来るだけ多く受け取り楽しく健康な日々を過ごしましょう。
 森の香りには樹木から発するフィトンチッド、植物自体の香り、みどりの香り、草花の香り、土の香り、動物の匂い、春夏秋冬の空気の匂いなどがあります。
 森林内に足を踏み入れた時にさわやかな気持ちになることは、皆さんの多くは経験されていることでしょう。この森林環境要素が人の心身に与える効果の科学的研究も少しずつ進んできています。今回は、森から発散される様々な香りの贈り物について考えてみます。(専門領域:内科学・老年病学・呼吸器学)