第20回「市場と研究から見る 世界の精油最新動向」 (2015.12.7)

第20回 アロマトピアセミナー  (2015.12.7)
ドミニク・ダヴェンヌ氏招聘特別講演 第3弾!!
「市場と研究から見る 世界の精油最新動向」



 第20回アロマトピアセミナーは、ご好評を頂いているドミニク・ダヴェンヌ氏の3度目の来日講演です。今回は、世界の精油市場の最新動向や精油の最新研究についてお話いただきます。ダヴェンヌ氏は“科学に基づいたアロマテラピー”を広めたいという信念のもと、長年精油の成分を深く分析・研究している精油のオーソリティーです。ヘンリー・ロジェ氏と共同経営されているLaboratoire Rosier Davennne社では、自社農園によるオーガニック精油の生産をはじめ、世界各地の精油250種類以上を取り扱い、クライアントにはフランスの大手化粧品メーカーも名を連ねています。ダヴェンヌ氏の精油に対する情熱が、フレグランス、化粧品業界の世界のリーダー企業を支えていると言っても過言ではないでしょう。また、近年はレンヌ大学で教鞭を執られ、アロマセラピーをフランスの国家資格にする活動にも貢献されています。
 今回は、その経験と知識、情報から、最近注目されている精油や、これから需要が高まりそうな精油、今後入手が困難になってきそうな精油など、グローバルな精油の動向について、また、私たちの健康にとって注目すべき精油の力を最新研究のエビデンスを基に紹介していただきます。精油にかかわる活動をされている方にはぜひご受講いただきたいセミナーです。

主な内容 ※講演者の都合により、内容が一部変更する場合がございます。予めご了承下さい。


講師

Dominique Davenne 氏
1950年生まれ。17歳で医学部に入学するも3年生の時に医学に失望し、退学。その後製薬会社で12年間
働いた後、エルボステリー(薬草を扱う薬局)を経営する薬剤師との結婚を契機として、植物療法、
アロマ療法の分野に興味を抱く。精油について、Auron Moatti、Lapraz Duraffour、Pierre Franchommeなどに師事。Le Havre大学、Monpellier大学の理学部修士過程で「精油とその科学的論証に基づく化粧品への応用について」17年間教鞭を執る。また、パリ第5大学やUniversite´ Europe´enne des Senteurs et des Saveursの薬学部修士コースで特別講義を行う。Henry Rosier氏とともに精油販売会社Laboratoire Rosier Davenne社を設立。以来、化学分析部門の最高責任者を務める。2012年からアロマ科学評議会のゼネラルマネージャーとなり、フランス医薬品安全庁(AFSSAPS)で精油と化粧品に関する専門家として従事した。フランスで初めて国家資格を与える国立レンヌ大学薬学部アロマテラピーコースの設立に参画し、そのコースで精油に関する講義を担当している。

〈東京講演内容〉
1) 世界の精油事情について
◎最近人気の高まっている精油についての需要分析
◎今後の精油の需要予測
◎入手困難になっている精油について
◎その他精油市場の最新動向
2) 精油の最新研究
◎46th ISEO(第46回精油に関する国際シンポジウム)の報告など

 

ドミニク・ダヴェンヌ氏 大阪講演 
「癌、アレルギー疾患、老化とアロマテラピー」
※〈大阪講演〉の主催は、フレグランスジャーナル社ではありません。お申込み・お問い合せは下記までお願い致します


■日 時:2015年12/5(土)13~16時(受付12:30~)
■場 所:昭和設計大阪ビル(2階講堂)大阪府大阪市北区豊崎4-12-10
■受講料:7,000円 (税込)
     ※申し込み期間:2015年10月15日(木)~11月30日(月)
■定 員:80名(先着順)
■申込み:株式会社 ANBAS アクセスの上、申込画面よりお申し込みください。
【アクセス方法】トップページ『講演会申し込み』からお申し込みください。 TEL.06-6486-1080


過去のaromatopiaセミナー内容


aromatopiaセミナー内容

 

セミナー・イベントトップへセミナー・イベントトップへ