第21回〈中止〉「子供のさまざまなトラブルへの対処」 (2016.4.18)

第21回 アロマトピアセミナー  (2016.4.18) ※都合により中止となりました。
『ホメオパシーのくすり箱』出版記念
「子供のさまざまなトラブルへの対処」
★aromatopia 年間購読者割引があります!


 日本人にはまだまだなじみの薄い「ホメオパシー」ですが、今から200年以上も前に誕生し、脈々と受け継がれてきた自然療法です。今では、世界80ヵ国以上に普及していると言われています。ことにイギリス王室がホメオパシーを使っていることは有名で、ロンドンには王立のホメオパシー病院もあり、インドにはホメオパシーの大学もあるほど。
 今回のセミナーは、イギリスのホメオパス養成学校で、SDSHom(大学卒業の学位と同等の資格)を取得し、ホメオパスとして活動してきた藤田 円氏に、ホメオパシーの歴史や有効性、また本書の具体的な利用の仕方などをお話いただきます。ホメオパシーは、症状に合ったレメディーをきちんと使えば、少量で効果も即効性もあると言います。セミナーではお子様のさまざまな症状に対処するホメオパシーをポイントにお話していただきますが、症状に適したレメディーを選ぶことから、大人にも適応するケースが多くありますので、大人から子供まで応用の利くテーマとなっています。ケガや急な発熱、腹痛が起こったときなど、おばあちゃんの知恵袋のように、ホメオパシーを身近に感じて、手軽に使える家庭の医学としてお役立ていただけることでしょう。 

主な内容 ※講演者の都合により、内容が一部変更する場合がございます。予めご了承下さい。


講師

藤田 円氏(Madoka Fujita)
人々の生活を楽しく幸せで健康なものにすることを目的についた建築の仕事から、古い建物や自然を守るナショナル・トラスト活動に興味を持ち、日本のNGO(現NPO)に転職。本場英国の活動に参加するため渡英。8年半の英国滞在中にガーデナー、教会建築士として働きながらSociety of homeopathsの認可校であるSouth Downs School of Homoeopathyで4年間のトレーニングの後、ホメオパシーの資格取得。
英国で学んだ自然療法と文化を紹介し、ホメオパシーを日本に伝えるべく、ガーデニング専門誌「BISES」や自然療法専門誌「aromatopia」に連載・執筆を行うほか、日本各地で講座やワークショップ、コンサルテーションを行っている。また2015年にはaromatopia連載「英国庭師修行日記」の読者とともに英国自然療法ツアーを行った。

●●● 講演内容 ●●●

第1部 ホメオパシーとは?
1.ホメオパシーの歴史 2.ホメオパシーの法則 3.レメディーとは?

第2部 適切なレメディーの選び方、摂り方
1.ホメオパシーでみた子供の疾患 2.レメディーの選び方
3.摂取方法 4.子供のトラブルに役立つレメディーのご紹介

*本書を利用するレメディーの選び方などもご紹介しますので、本書をお持ちの方はご持参ください。  
 当日、会場にて本書(10%off)のお求めも可能です。

過去のaromatopiaセミナー内容


aromatopiaセミナー内容

 

セミナー・イベントトップへセミナー・イベントトップへ